コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長恨 チョウコン

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐こん〔チヤウ‐〕【長恨】

長く忘れることのできないうらみ。終生のうらみ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

長恨(ちょうごん)

1926年公開の日本映画。監督・原作・脚色:伊藤大輔、撮影:渡辺六蔵。出演:大河内伝次郎、川上弥生、久米譲、尾上卯多五郎ほか。時代劇

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうこん【長恨】

長く忘れることのできない恨み。終生の恨み。一生の恨み。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

長恨の関連キーワード天にあらば比翼の鳥,地にあらば連理の枝天に在らば比翼の鳥地に在らば連理の枝楽しみ尽きて哀しみ来たる楽しみ尽きて哀しみ来る三千の寵愛一身にあり真説石川五右衛門時移り事去る楊太真外伝太液の芙蓉橋本関雪秋風の曲長恨歌曲太真外伝連理の木顔色無し比翼連理山田検校連理の枝楊貴妃山田流

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長恨の関連情報