長歌行(読み)ちょうかこう

精選版 日本国語大辞典「長歌行」の解説

ちょうか‐こう チャウカカウ【長歌行】

〘名〙
① 楽府題(がふだい)の一つ。「短歌行」とともに、寿命の長短について歌うところからつけられた名称。一説に、歌声の長短からつけられた名称ともいう。〔古楽府‐長歌行〕
② (漢詩の八句の律詩六首の体にならったもの) 連句様式の一体。各務支考のはじめたもので、表八句(七句目月)、裏一六句(九句目月、一三句目花)、名残表一六句(一五句目月)、名残裏八句(七句目花)の計四八句をもって一巻とするもの。懐紙二枚。
※俳諧・和漢文操(1723)三・行類・俳諧求韵序説并短歌行〈土方堅〉「今や一巻の換韵は、〈略〉長歌行を八句五韵となすべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「長歌行」の解説

ちょうか‐こう〔チヤウカカウ〕【長歌行】

連句の一体。表8句、裏16句、名残(なごり)の表16句、名残の裏8句の計48句で一巻とするもの。⇔短歌行

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android