コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長氏 ちょううじ

世界大百科事典 第2版の解説

ちょううじ【長氏】

能登の中・近世武家。始祖は長谷部信連(はせべのぶつら)。長の姓は信連の出生地遠江国長邑にちなむといい,また一説には長谷部の略称ともいう。信連ははじめ以仁(もちひと)王に仕えたが,後に源頼朝の御家人となり,能登国大屋荘(現,石川県輪島市)地頭となった。その没後,一族は同荘を中心に能登の各地に発展した。南北朝・室町期には守護の吉見氏,畠山氏の支配からは独立した立場を保持し,足利将軍家の奉公衆であった。能登畠山氏の戦国大名化につれて麾下に属し,続連・綱連らは重臣となり,穴水(あなみず)(現,石川県鳳至(ふげし)郡穴水町)を本拠とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

長氏の関連キーワード神野真国荘(こうのまくにのしょう)北条氏(後北条氏)室町時代(年表)早雲寺殿廿一箇条神奈川(県)田鶴浜[町]忍坂大中姫鎌倉(市)穴水[町]小田原征伐足利茶々丸室町時代吉良満氏北条早雲吉良長氏今川国氏吉良貞義相良定頼商長宗麿宗像氏盛

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長氏の関連情報