コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長船派 おさふねは

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長船派
おさふねは

鎌倉時代中期~室町時代末期,備前国長船に住んだ刀工流派。初代は鎌倉時代中期の光忠。現岡山県のこの地方には平安時代から刀工が住み,長船派以前に古備前派,一文字派などの流派があった。鎌倉時代中期以降長船派が最大の流派となったのは,刀の姿と刃文の美しさによるもので,光忠以下,長光,景光,真長兼光祐定と各時代の名工を生んだ。作刀を長船物という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の長船派の言及

【備前物】より

…吉岡,岩戸には福岡一文字と同じく〈一〉をきる者がいるため吉岡一文字,岩戸一文字と呼ばれており,吉岡一文字では助光が,岩戸一文字では吉家,吉氏が代表工である。長船の地には鎌倉中期に光忠を祖とする長船派が起こり,この一派は室町時代まで,日本最大の流派として大きく栄えた(長船物)。この光忠の子に長光,その子に景光がおり,いずれも名工として名高く,その一門には真光,秀景,真長,長元,近景,景政らがいる。…

※「長船派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

長船派の関連キーワード瀬戸内(市)備前国宗長船長光備前物日本刀勝光盛光雲生守家

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長船派の関連情報