コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川春子 はせがわ はるこ

1件 の用語解説(長谷川春子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長谷川春子 はせがわ-はるこ

1895-1967 昭和時代の洋画家。
明治28年2月28日生まれ。長谷川時雨の妹。鏑木清方(かぶらき-きよかた),梅原竜三郎にまなぶ。昭和4年フランスへわたる。6年帰国し国画会に所属。32-40年「源氏物語絵巻」を制作。挿絵や随筆もかいた。昭和42年5月7日死去。72歳。東京出身。双葉高女卒。作品に「樺色の印象」「胡人胡歌」など。著作に「大ぶろしき」「恐妻塚縁起」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長谷川春子の関連キーワード深刻小説日清戦争観念小説文芸倶楽部国葬ヨネスケトヨタセンチュリーVG20Dロータリエンジン 10A 型アジアカップ恵庭事件

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長谷川春子の関連情報