長谷川春子(読み)はせがわ はるこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「長谷川春子」の解説

長谷川春子 はせがわ-はるこ

1895-1967 昭和時代洋画家
明治28年2月28日生まれ。長谷川時雨の妹。鏑木清方(かぶらき-きよかた),梅原竜三郎にまなぶ。昭和4年フランスへわたる。6年帰国し国画会に所属。32-40年「源氏物語絵巻」を制作挿絵随筆もかいた。昭和42年5月7日死去。72歳。東京出身。双葉高女卒。作品に「樺色印象」「胡人胡歌」など。著作に「大ぶろしき」「恐妻塚縁起」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

狐の嫁入り

1 日が照っているのに、急に雨がぱらつくこと。日照り雨。2 夜、山野で狐火が連なって、嫁入り行列の提灯ちょうちんのように見えるもの。[類語](1)狐日和びより・天気雨・雨天・荒天・悪天・雨空・梅雨空・...

狐の嫁入りの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android