コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅原竜三郎 ウメハラリュウザブロウ

デジタル大辞泉の解説

うめはら‐りゅうざぶろう〔‐リユウザブラウ〕【梅原竜三郎】

[1888~1986]洋画家。京都の生まれ。浅井忠師事、フランスに留学してルノワールに学ぶ。二科会春陽会の創立に参加。その後、国画創作協会(のち国画会)に洋画部を創設大和絵琳派(りんぱ)の伝統を取り入れた奔放華麗な独自の画風を確立。文化勲章受章。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

梅原竜三郎【うめはらりゅうざぶろう】

洋画家。京都生れ。関西美術院に入り,浅井忠に師事。同門に安井曾太郎がいた。1908年渡仏,アカデミー・ジュリアンに入学,その後ルノアールに師事。1913年帰国,《金の首飾》などの滞欧作を発表。
→関連項目春陽会平塚運一吉田五十八

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅原竜三郎 うめはら-りゅうざぶろう

1888-1986 大正-昭和時代の洋画家。
明治21年3月9日生まれ。はじめ伊藤快彦(よしひこ),浅井忠にまなぶ。明治41年渡仏,ルノワールに師事。昭和3年から国画会を主宰。10年帝国美術院会員。19年東京美術学校(現東京芸大)教授。ゆたかな色彩感覚をいかした装飾的画風を完成させる。27年文化勲章。昭和61年1月16日死去。97歳。京都出身。別名に良三郎。代表作に「桜島」「北京秋天」「富士山図」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うめはらりゅうざぶろう【梅原竜三郎】

1888‐1986(明治21‐昭和61)
洋画家。京都の染呉服商の家に生まれる。本名は良三郎。京都府立第二中学校を3年で中退。はじめ伊藤快彦の画塾に学ぶが,1903年に創立された浅井忠の聖護院洋画研究所に移り,以後浅井の指導を受ける。同門に安井曾太郎,黒田重太郎津田青楓らがいた。08年田中喜作とともに渡仏。はじめアカデミー・ジュリアンに入学したが,翌09年南仏カーニュのアトリエにルノアールを訪れ,以後その指導を受けた。その成果は《黄金の首飾り》(1913)などの作品にみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

うめはらりゅうざぶろう【梅原竜三郎】

1888~1986) 洋画家。京都生まれ。関西美術院卒。本名、良三郎。浅井忠に師事、渡仏しルノアールに学ぶ。帰国後二科会・春陽会に参加、国画創作協会に移り国画会を主宰。東洋画の伝統を摂取し華麗な画風を築いた。作「北京風景」「桜島」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の梅原竜三郎の言及

【明治・大正時代美術】より

…芸術表現における画家の人格=自我の優越を主張する個性主義的な芸術は,まず二科会によって強力に実践されることになった。 二科会は石井柏亭,津田青楓,梅原竜三郎,山下新太郎,有島生馬,斎藤豊作,坂本繁二郎,湯浅一郎(1868‐1931),小杉未醒(放庵)を創立会員として,14年に発足した。またクールベやセザンヌに学んでフランスから帰った安井曾太郎が翌15年に参加し,《足を洗う女》(1913),《孔雀と女》(1914)などのすぐれた滞欧作によって多くの青年画家を吸引した。…

※「梅原竜三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

梅原竜三郎の関連キーワード安井曽太郎・安井曾太郎川島理一郎長谷川春子土田文雄深沢史朗富岡鉄斎昭和時代今井俊満小林和作大歳克衛益田義信佐藤哲三彼末宏岩絵具久保守東洋画琳派

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

梅原竜三郎の関連情報