コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

門田博光 カドタヒロミツ

3件 の用語解説(門田博光の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かどた‐ひろみつ【門田博光】

[1948~ ]プロ野球選手。山口の生まれ。昭和45年(1970)南海(福岡ソフトバンクの前身)に入団。アキレス腱(けん)断裂という大けがを乗り越え、打撃で活躍。同63年には40歳で本塁打王と打点王の二冠を獲得した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

門田博光 かどた-ひろみつ

1948- 昭和後期-平成時代のプロ野球選手。
昭和23年2月26日生まれ。クラレ岡山をへて,昭和45年南海に入団。アキレス腱切断を克服し,外野手,指名打者として活躍。63年40歳で本塁打王となり,「中年の星」とよばれた。のちオリックス,ダイエーとうつる。実働23年,本塁打王3回,打点王2回,通算2566安打,2割8分9厘,567本塁打。奈良県出身。平成18年野球殿堂入り。天理高卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

門田博光
かどたひろみつ
(1948― )

プロ野球選手(外野手:左投左打)。2月26日、奈良県生まれ。天理高からクラレ岡山を経て、ドラフト2位で1970年(昭和45)に南海ホークス(現、福岡ソフトバンクホークス)に入団した。1971年、レギュラーに抜擢されると120打点で打点王に輝いたが、その後はホームランを意識しすぎたため、シーズンによって好不調の波が大きかった。1979年には春のキャンプでアキレス腱(けん)を断裂、そのシーズンのほとんどを棒に振ってリハビリに励んだが、これを境に指名打者(DH)として復活、リーグ屈指の強打者へと生まれ変わった。翌1980年に41本塁打を放つと、1981年は44本で本塁打王を獲得、1983年も40本で2回目の本塁打王となった。1988年には44本塁打、125打点で二冠王に輝き、最優秀選手(MVP)に選ばれた。当時すでに40歳となっており、翌1989年から福岡ダイエーホークスとなることが決まっていた南海最後の年に花を添えると同時に、中高年に希望を与える存在として脚光を浴びた。1989年(平成1)からオリックス・ブレーブス(現、オリックス・バファローズ)、福岡ダイエーホークス(現、福岡ソフトバンクホークス)と移って44歳の1992年までプレーし、最後までフルスイングの打撃を貫いた。[出村義和]
 23年間の通算成績は、出場試合2571、安打2566、打率2割8分9厘、本塁打567、打点1678。獲得したおもなタイトルは、本塁打王3回、打点王2回、最優秀選手(MVP)1回、ベストナイン7回。2006年(平成18)に野球殿堂(野球殿堂博物館)入り。[編集部]
『門田博光著『不惑の挑戦』(1988・海越出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

門田博光の関連キーワード関根潤三森祇晶山田久志吉田義男若松勉大沢啓二駒田徳広佐々木信也立浪和義根来泰周

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

門田博光の関連情報