野球殿堂博物館(読み)ヤキュウデンドウハクブツカン

デジタル大辞泉の解説

やきゅうでんどう‐はくぶつかん〔ヤキウデンダウハクブツクワン〕【野球殿堂博物館】

National Baseball Hall of Fame and Museum》1939年、米国ニューヨーク州クーパースタウンに創設された、野球の博物館。野球に関する資料を収蔵・展示。また、野球の発展に寄与した人物を選定し、その功を顕彰する事業を行っている。アメリカ野球殿堂博物館。野球の殿堂。
昭和34年(1959)米国にならって、東京都文京区の後楽園野球場近くに「野球体育博物館」の名称で創設された、野球の博物館。昭和63年(1988)に東京ドームへ移転。平成25年(2013)現名称に改称。日本の野球に関する資料を収蔵・展示。また、日本の野球の発展に寄与した人物を選定し、その功を顕彰する事業を行っている。野球の殿堂

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野球殿堂博物館
やきゅうでんどうはくぶつかん

野球殿堂ともいわれる。1959年(昭和34)6月「野球体育博物館」の名称で開館、後楽園野球場の正門前にあったが、1988年3月東京ドーム内の一部に移る。2013年(平成25)4月より現名称。アメリカの野球殿堂The National Baseball Hall of Fame and Museumは、ニューヨーク州クーパーズタウンに1939年の6月創設されている。財団法人組織で、アメリカの野球殿堂に倣って、日本の野球の発達に尽力した人を表彰し、その名誉をたたえる行事を行っている。殿堂入りをする人を選出する委員会には、競技者表彰委員会と特別表彰委員会の2委員会があり、それぞれから選考委員が毎年投票によって被表彰者を選出する。また殿堂入りした人は、第1回の正力松太郎(しょうりきまつたろう)、沢村栄治をはじめ、長嶋茂雄、別当薫(べっとうかおる)、西本幸雄(ゆきお)、金田正一(まさいち)、横沢三郎、野村克也、張本勲、広岡達朗(たつろう)、吉田義男、稲尾和久、村山実、王貞治、衣笠祥雄(さちお)、中西太など、2016年時点で192名を数える。
 アメリカの野球殿堂は、野球生誕100年記念祭典の際、発生の地に建設された。殿堂の傍らには最初に野球を行った球場「ダブルデー・フィールド」がある。1839年クーパーズタウンの陸軍将校アブナー・ダブルデーAbner Doubledayが初めて野球をした広場にダブルデー・フィールドの名の球場がつくられたのである。毎夏クーパーズタウンで行われる野球祭では、この球場でアメリカン、ナショナル両リーグの代表チームによるエキジビション・ゲームが2008年まで行われていた。[神田順治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野球殿堂博物館の関連情報