門間春雄(読み)もんま はるお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

門間春雄 もんま-はるお

1889-1919 明治-大正時代の歌人。
明治22年2月9日生まれ。家業醤油(しょうゆ)醸造業に従事しながら,俳句,小説をつくる。明治39年長塚節(たかし)を知り,その人格作風傾倒。節の死後斎藤茂吉にまなび,「アララギ」に作歌を発表。夏目漱石,河東碧梧桐(かわひがし-へきごとう)らと親交があった。大正8年2月13日死去。31歳。福島県出身。早大中退。号は破浪。随筆集に「吐紅漫筆」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android