コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

門間春雄 もんま はるお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

門間春雄 もんま-はるお

1889-1919 明治-大正時代の歌人。
明治22年2月9日生まれ。家業の醤油(しょうゆ)醸造業に従事しながら,俳句,小説をつくる。明治39年長塚節(たかし)を知り,その人格と作風に傾倒。節の死後は斎藤茂吉にまなび,「アララギ」に作歌を発表。夏目漱石,河東碧梧桐(かわひがし-へきごとう)らと親交があった。大正8年2月13日死去。31歳。福島県出身。早大中退。号は破浪。随筆集に「吐紅漫筆」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

門間春雄の関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))グリフィス森鴎外[各個指定]工芸技術部門反戦運動石英岩ビダー牧野省三ウェーバー(Max Weber)ロラン(Romain Rolland)

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone