コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閃輝性暗点 せんきせいあんてん

家庭医学館の解説

せんきせいあんてん【閃輝性暗点】

 片頭痛(へんずつう)(「片頭痛」)の症状の1つです。視野の一部にちらちらした光が現われ、だんだん見えなくなる状態が数分~数十分続き、もとにもどります。その後、頭痛がおこります。通常は片方の目におこり、頭痛も症状のある側に生じます。
 脳血管の一時的なけいれんで血流が悪くなるためにおこるといわれ、症状がないときは健康な人と変わりません。まれに脳血管の形態異常が原因のこともあります。
 脳血管を検査して、異常が見つかれば、その治療を行ないますが、異常が発見されるのはまれです。
 片頭痛は一定期間をおいてくり返すことが多く、再発しそうなときは血管拡張薬を内服することもあります。発作(ほっさ)がおこってしまった場合や頭痛の治療には、血管収縮薬が効果があります。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

閃輝性暗点の関連キーワード目の主要な症状

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android