コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閉鎖性水域 へいさせいすいいきclosed water bodies

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

閉鎖性水域
へいさせいすいいき
closed water bodies

地理的条件や流域の水理状況により水の出入りが悪く,滞留時間の長い内湾内海湖沼等の水域のことをいう。このような水域は,河川等の水の入れ代わりの速い水域と異なり,水が停滞するため閉鎖性が高い。それゆえ,有機物窒素リン等の含有量の高い生活雑排水等がこのような水域に流入すると,水質汚濁富栄養化が急速に進行するようになる。このような水域では増殖した藻類,流入排水中の懸濁物質が沈降して底泥の嫌気化を促進し,底泥から藻類の増殖を引き起こすリンの溶出等が起こる。閉鎖性水域の水質保全を図るためには,流入汚水の有機物,窒素,リンの負荷削減がきわめて重要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

へいさせいすいいき【閉鎖性水域】

外洋と接する部分の少ない湾や湖沼。水の入れ替わりが遅く、一度汚染されると回復に時間がかかる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

閉鎖性水域の関連キーワード硝酸性窒素類・亜硝酸性窒素類(Nitrate屎尿処理生活公害下水道外洋

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android