貧酸素水塊(読み)ひんさんそすいかい(英語表記)anoxic water

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貧酸素水塊
ひんさんそすいかい
anoxic water

魚介類が生息できないほど水中酸素濃度が少ない比較的孤立した水塊のこと。外洋では,水深 200m辺りで溶存酸素が最も少なくなるが,普通は湖や沿岸海域で問題となる。富栄養化現象が見られる水中の有機物の多い,比較的閉鎖的な水域夏季に発生しやすい。夏に発生した貧酸素水塊は,秋になって水が上下混合するようになると消滅する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

貧酸素水塊

海水中に溶けている酸素の量がきわめて少ない水塊。赤潮をおこす大量のプランクトンが死んで海底にたまり、分解される時に酸素を消費して起きる。夏場は、温かい表層と冷たい底層の海水が混ざりにくくなり多く発生する。東京湾では北東風が吹くと表層水が沖に流れ、底層の酸素の少ない水が沿岸にわきあがり、青潮が発生する。

(2014-06-19 朝日新聞 朝刊 ちば首都圏 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひんさんそ‐すいかい〔‐スイクワイ〕【貧酸素水塊】

溶存酸素の量がきわめて少ない水域。多く、遠浅の内湾の底層で、夏に発生する。富栄養化によりプランクトンが大量発生し、その死骸を分解するバクテリアが水底で酸素を大量に消費することで起こる。発生すると魚介類や底生生物の大量死につながり、漁業にも深刻な影響を与える。→青潮

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貧酸素水塊の関連情報