開けて悔しき玉手箱(読み)あけてくやしきたまてばこ

ことわざを知る辞典の解説

大いに期待して中を開けてみると、中身がなかったり、まるで期待はずれのもので、落胆すること。

[使用例] 「開けてくやしき玉手箱」〈略〉そんなことをおっしゃって、愚楽へ笑いかけながら、パッと壺の蓋をとった。何も入っていない。「もとより、煙も出ない。拍子抜けのした玉手箱」[林不忘*丹下左膳|1934]

[解説] 竜宮城の土産の玉手箱を開いてみると、白煙が出てきて、白髪の老人になってしまったという浦島太郎伝説によることば。

〔異形〕あけて悔しき浦島の子

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android