コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開胸術 かいきょうじゅつthoracotomy

世界大百科事典 第2版の解説

かいきょうじゅつ【開胸術 thoracotomy】

肺癌をはじめとする肺腫瘍肺結核などの肺の病気,心臓や食道の病気で,外科的に胸を開いて処置しなければならないとき行われる手術方法。ふつう全身麻酔下で,肋骨に沿って筋肉を切り,肋骨を切り取らないで胸を開くが,大きく広く開ける必要があるときは,1~2本の肋骨を切断することもある。この手術によって胸腔を開くと,大気圧より低圧に保たれている胸膜腔に,切開口から空気が侵入するため,中の肺が縮んで呼吸ができなくなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

開胸術の関連キーワード老化にともなう循環器の病気と症状気道・食道異物心タンポナーデ鳥潟 隆三胸部外科鳥潟隆三蘇生法肺癌

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android