相当(読み)そうとう

精選版 日本国語大辞典「相当」の解説

そう‐とう サウタウ【相当】

[1] 〘名〙 (形動)
① (━する) 資格、性質、時期、数量などが合致すること。対応すること。また、そのさま。
※令義解(833)選叙「凡任両官以上、一為正。〈謂、官位当者為正。若皆不相当者、以一高者正。〉」
※拾玉得花(1428)「四気おりおり、日夜・朝暮、貴賤群集の他少、広座・少座の当気によりて、芸人(げいじん)の時機音、時の調子の五音、相当せずは、当気和合あるべからず」 〔周礼注‐天官〕
② (━する) ある物事の程度や状態が、他とつりあうこと。ふさわしいこと。また、そのさま。相応。
※史記抄(1477)三「臏辟は五百三十三率ではあるまいぞ。三百率が相当ぢゃぞ」
※歌舞伎・韓人漢文手管始(唐人殺し)(1789)三幕「俺が内に居れば、家賃から米代木代、そうとうに銭をやらにゃ掛ける者がない」 〔漢書‐武帝紀注〕
③ 程度・度合がかなりであること。はなはだしいこと。また、そのさま。
※土(1910)〈長塚節〉一四「各自の労を劬ふ為に相当な饗応がはれる」
※冬の宿(1936)〈阿部知二〉三「相当に立派な机や椅子が運び込まれて」
[2] 〘〙 ものごとの程度が普通よりはなはだしい様子を表わす語。かなり。随分。
※渦巻ける烏の群(1928)〈黒島伝治〉四「古いが、もとは相当ものが良かったらしい外套」
※糞尿譚(1937)〈火野葦平〉「相当飲んで居ったので」

あい‐とう あひタウ【相当】

〘名〙
① いっしょに当番になること。また、その人。当番相手。当番仲間。
※虎明本狂言・連歌盗人(室町末‐近世初)「身共一人にてもござらぬ、あひとうが御ざる程に、あれへまいって談合いたさうと存る」
② 相当分。見合う分。
※菅浦文書‐嘉元三年(1305)二月一二日・菅浦村人等連署借状「彼用途仁相当程可見合高質物者也」
③ 相手になること。
※朽木文書‐(天文一二年)(1543)一〇月一六日・六角定頼書状「即追其内一人搦取之処、為相当、其方領内商人田中方へ召籠段、言語道断次第候」

あい‐あた・る あひ‥【相当】

〘自ラ四〙 (「あい」は接頭語)
① (「あたる」の改まった言い方) 相当する。あてはまる。釣り合う。
※愚管抄(1220)七「すたれはてて又おこるべき時にあいあたりたり」
② 割り当てられる。担当する。また、その職にあたる。
※高野山文書‐(建長五年)(1253)七月五日・東寺長者道乗御教書案「相当御寺務之折節」
③ 互いにぶつかりあう。敵と戦う。当面する。
太平記(14C後)四「呉王自ら相当る事三十二箇度」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「相当」の解説

そう‐とう〔サウタウ〕【相当】

[名・形動](スル)
価値や働きなどが、その物事とほぼ等しいこと。それに対応すること。「五〇〇円相当の贈り物」「ハイスクールは日本の高校に相当する」
程度がその物事にふさわしいこと。また、そのさま。「能力相当の地位」「それ相当な(の)覚悟がいる」「収入に相当した生活」
かなりの程度であること。また、そのさま。「相当な(の)成果をおさめる」
[副]物事の程度が普通よりはなはだしいさま。かなり。「相当勉強したらしい」
[類語]1適合該当適応即応順応相応対応照応慣らす応分分相応適当適切適正適確至当妥当好適合致即応正当順当ぴったりそれなりころ合い程合い手頃てごろ適う適する合う沿うそぐう当てはまる当を得る値する見合う等しい符合一致吻合整合暗合同質同列同等等質3比較的割と割に割りかし割方割合結構かなり大幅随分なかなか大分だいぶ・だいぶん大層すこぶいやにやけにえらい馬鹿ばか余程余っ程

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「相当」の解説

【相当】そうとう

等しい。

字通「相」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android