コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相当 ソウトウ

2件 の用語解説(相当の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そう‐とう〔サウタウ〕【相当】

[名・形動](スル)
価値や働きなどが、その物事とほぼ等しいこと。それに対応すること。「五〇〇円相当の贈り物」「ハイスクールは日本の高校に相当する」
程度がその物事にふさわしいこと。また、そのさま。「能力相当の地位」「それ相当な(の)覚悟がいる」「収入に相当した生活」
かなりの程度であること。また、そのさま。「相当な(の)成果をおさめる」
[副]物事の程度が普通よりはなはだしいさま。かなり。「相当勉強したらしい」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

そうとう【相当】

( 名 ) スル
状態・程度などが釣り合っていること。ふさわしいこと。相応。 「経済力に-した出資」 「死に-する罪」 「五〇歳-の人」 「それ-のお礼」
違った尺度や体系上のあるものと等しいこと。対応すること。 「日本語の『甘える』に-する英語は見つけにくい」
( 形動 ) [文] ナリ 
物事の程度や状態が釣り合っているさま。ふさわしいさま。 「アノ人ニ-ナ役/ヘボン」
物事の程度が普通よりかなり上であるさま。 「 -によい成績」 「 -な辛抱がいる」
( 副 )
程度が普通よりはなはだしいさま。 「 -参っている」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相当の関連キーワード顧客価値総顧客価値過信活動軽視桁違い桁外れ正直一遍痛烈等価

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

相当の関連情報