コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 うるう intercalation

翻訳|intercalation

5件 の用語解説(閏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


うるう
intercalation

普通の暦日または暦月のほかに,1暦年の長さを1太陽年または1太陰年の長さにできるだけ近づけるためにおく特別の暦日または暦月を,それぞれ閏日または閏月といい,その挿入された年を閏年という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うるう〔うるふ〕【×閏】

平年よりも日数や月数が多いこと。地球の公転や季節と暦とのずれを調整するためのもの。太陽暦では1年を365日とするが、地球の公転(1太陽年)は365日5時間48分46秒なので、その端数を4年ごとに2月(にがつ)を29日として調節する。太陰暦では1年が約354日なので、適当な割合で1年を13か月とする。「2月29日」「4月」

じゅん【閏】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ジュン(漢) [訓]うるう
〈ジュン〉
うるう。「閏月閏年
正統でない天子の位。「閏統正閏
〈うるう〉「閏月閏年

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うるう【閏】

暦の上で一年の日数や月数が平年よりも多いこと。暦の上の季節と実際の季節とのずれを調節するもの。たとえば太陽暦のユリウス暦では一年を365日とし、地球の公転周期365日5時間48分45秒との差を四年に一回、2月を一日多くし29日とすることで調節する。太陰太陽暦では一年を354日とするので、19年に7回、8年に3回などの割で適当な閏月を設けて一年を一三か月とする。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


うるう

太陽年および朔望(さくぼう)月の端数を調節するために挿入される1日あるいは1月を閏日、閏月という。また挿入される年を閏年といい、その置き方を置閏(ちじゅん)法という。1太陽年は厳密には365.24220日、1朔望月は29.53059日であり、1暦年、1暦月に対して端数がある。この端数は太陽暦では4年で1日に達するので、1暦年の日数を4年に一度、366日としなければならない。また純太陰暦においては、大月30日、小月29日として12か月1年とする暦では1年が354日となり、真の長さ(29.53059日×12=354.3671日)との差0.3671日は、ほぼ2.7年で1日に達するから、小月に1日を挿入して大月にする。太陰太陽暦法では、太陽年の端数と朔望月の端数の両方を調節して、2~3年に1か月を挿入しなければならない。[渡辺敏夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

閏の関連キーワード五時還暦の祝い・還暦の祝暦の博士三正閏余天暦の治暦年暦の奏慶暦の治年暦の木

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

閏の関連情報