コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うるうintercalation

翻訳|intercalation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


うるう
intercalation

普通の暦日または暦月のほかに,1暦年の長さを1太陽年または1太陰年の長さにできるだけ近づけるためにおく特別の暦日または暦月を,それぞれ閏日または閏月といい,その挿入された年を閏年という。また,地球自転から決る世界時 UTと原子時計の示す原子時 AT (協定世界時) との違いが1秒近くなって,挿入または削除される1秒を閏秒という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うるう〔うるふ〕【×閏】

平年よりも日数や月数が多いこと。地球の公転季節と暦とのずれを調整するためのもの。太陽暦では1年を365日とするが、地球の公転(1太陽年)は365日5時間48分46秒なので、その端数を4年ごとに2月(にがつ)を29日として調節する。太陰暦では1年が約354日なので、適当な割合で1年を13か月とする。「2月29日」「4月」

じゅん【閏】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ジュン(漢) [訓]うるう
〈ジュン〉
うるう。「閏月閏年
正統でない天子の位。「閏統正閏
〈うるう〉「閏月閏年

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うるう【閏】

暦の上で一年の日数や月数が平年よりも多いこと。暦の上の季節と実際の季節とのずれを調節するもの。たとえば太陽暦のユリウス暦では一年を365日とし、地球の公転周期365日5時間48分45秒との差を四年に一回、2月を一日多くし29日とすることで調節する。太陰太陽暦では一年を354日とするので、19年に7回、8年に3回などの割で適当な閏月を設けて一年を一三か月とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


うるう

太陽年および朔望(さくぼう)月の端数を調節するために挿入される1日あるいは1月を閏日、閏月という。また挿入される年を閏年といい、その置き方を置閏(ちじゅん)法という。1太陽年は厳密には365.24220日、1朔望月は29.53059日であり、1暦年、1暦月に対して端数がある。この端数は太陽暦では4年で1日に達するので、1暦年の日数を4年に一度、366日としなければならない。また純太陰暦においては、大月30日、小月29日として12か月1年とする暦では1年が354日となり、真の長さ(29.53059日×12=354.3671日)との差0.3671日は、ほぼ2.7年で1日に達するから、小月に1日を挿入して大月にする。太陰太陽暦法では、太陽年の端数と朔望月の端数の両方を調節して、2~3年に1か月を挿入しなければならない。[渡辺敏夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

閏の関連キーワード京都府開庁記念日記録荘園券契所オランダ正月グレゴリオ暦黄色い自転車バビロン暦菅原内親王藤原乙牟漏ペルシア暦錦部岡万呂仁悟法親王メトン周期ユリウス暦太陰太陽暦中邑阿契三条実冬西依成斎年内立春黒田直亨三汀忌

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

閏の関連情報