コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閑谷黌 シズタニコウ

デジタル大辞泉の解説

しずたに‐こう〔しづたにクワウ〕【閑谷黌】

江戸時代の岡山藩郷学(ごうがく)。寛文8年(1668)藩主池田光政が民間子弟の教育のために、領内各地に手習い所を設置したがまもなく廃絶し、同10年閑谷に学校設立を命じ、元禄14年(1701)までに完成。明治になって廃絶したが、ほとんどの建造物が現存する。講堂国宝閑谷学校

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しずたにこう【閑谷黌】

岡山藩の郷学ごうがく。1668年藩主池田光政が領内の民間子弟の初等教育のために和気郡閑谷(現、備前市)に創設。1701年完成の講堂は国宝。閑谷精舎。閑谷学校。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

閑谷黌
しずたにこう

好学の岡山藩主池田光政(みつまさ)の創設した庶民教育のための藩営の郷学(ごうがく)。光政は和気(わけ)郡閑谷の地を選んで、1670年(寛文10)学校奉行(ぶぎょう)津田永忠(ながただ)に学校の建設を命じた。永忠の献身的な努力で1701年(元禄14)までには講堂、聖廟(せいびょう)、学房(がくぼう)などが壮麗堅固に完成した。また、永忠は主命による学校の永続性を考慮して、学校領(田地、山林)の設定、精妙な建造技術の駆使、創設者光政を祀(まつ)る芳烈祠(ほうれつし)(のち閑谷神社)の建立による精神的権威の確立などのくふうを凝らした。学統は「純粋朱説」で、習字、素読(そどく)を必修とした。入学者は上層庶民の子弟が主で、家中武士の子弟や他領者も含まれた。明治維新後は私立学校などとして存続した。国の特別史跡で、国宝の講堂をはじめ遺構は国指定重要文化財。[谷口澄夫]
『閑谷学校史編さん委員会編『閑谷学校史』(1971・同書刊行会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の閑谷黌の言及

【閑谷学校】より

…1666年(寛文6)藩主池田光政は領民教化の一環として和気郡伊里村閑谷(現,備前市)の地に学校設立を計画し,68年手習所を開設したのに始まる。75年(延宝3)各地の手習所を統合して規模を拡張し,正式に閑谷黌(しずたにこう)と称した。藩主の特別の保護により,講堂,聖廟,文庫などをもち,藩校に比肩しうる規模を備えた。…

※「閑谷黌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

閑谷黌の関連キーワード山本 唯三郎七海 又三郎花房 端連備前(市)七海又三郎黒住 宗子牧 巻次郎塩津 誠作大原孫三郎井尻 艶太玉野 知義竹内 正志江戸時代正宗白鳥正富汪洋大鳥圭介坂田警軒西 毅一玉野知義河本磯平

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android