コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間知石 ケンチイシ

4件 の用語解説(間知石の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けんち‐いし【間知石】

大小二つの面(つら)をもった四角錐状の石材。石垣などに、広いほうの面を外側に連ねて用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

間知石【けんちいし】

石積みに使用される四角錐形の石材。底面が表に出るように積み,石垣,護岸,擁壁(ようへき)などに日本では古くから用いられている。
→関連項目石材

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

けんちいし【間知石】

大小二つの方形の面つらをもつ四角錐台状の石垣用石材。大きな方形の方を表にして積む。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

間知石
けんちいし

石積みに用いられる日本独特の四角錐(すい)形の石材。形状によって分類した石材の呼称の一つで、ほかに側面の切り方の違う割石(わりいし)、直方体状の角石(かくいし)や板石(いたいし)、塊状の割栗石(わりぐりいし)がある。石積みの表になる大きい面を面(つら)、逆側の小さい面を胴じり、側面を控えといい、花崗(かこう)岩や安山岩などの硬岩がおもに使われる。間知石を用いた石積みを間知石積みといい、石間の間隙(かんげき)に供飼(ともがい)という石片を入れて固定しながら積み上げる。城の石垣に代表されるように、日本では古くから用いられ、現在も石垣や擁壁(ようへき)に使われている。[鈴木 有]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の間知石の言及

【石材】より

… 土木建築の基礎工事に用いる割りぐり石や,道路舗装やコンクリートの骨材にする砕石などを専門にする採石場は,現在では日本のいたるところに開かれている。ブロックを主とする採石場でも,屑石は間知石(けんちいし)という石垣用の石材に割るとか割りぐり石を作るのに利用され,このような土木用石材が,日本でも外国でも量でいえば石材生産の大半を占めている。 建材用,墓石用のブロックは工場に運ばれ加工される。…

【擁壁】より

…石積擁壁は石を積み上げてつくるもので,一般の土木工事,道路,河川,鉄道などで法面の高さが低い場合に盛んに使用される。この工法は日本では古くから利用され,もっともふつうに用いられる截頭(せつとう)四角錐状で大小二つの面(つら)をもった石を間知石(けんちいし)と称し,城の石垣はこれの代表的構築物である。最近は天然の石材のほかにコンクリートで間知石のような形のブロックをつくり,石積擁壁の代りとするコンクリートブロック擁壁が盛んに使用されている。…

※「間知石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

間知石の関連キーワード石積み三角錐四角錐四角柱正角錐直角錐切石積み五角錐八角錐方錐形

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

間知石の関連情報