コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王鐸 おう たく

美術人名辞典の解説

王鐸

明・清代の書画家河南省孟津生。字は覚斯・覚之、号に嵩樵・痴庵、諡は文安。天啓2年(1622)の進士。朝に仕え、礼部尚書となり、のち清朝では明史副総裁より礼部尚書に進む。詩文・書画を能くした。特に書では小楷は晋法を得、行草王羲之王献之を慕い、楷書は顔真卿の風を学んだ。山水画荊浩・関同に学ぶ。専帖に『擬山園帖』、文集に『擬山園集』がある。順治9年(1652)歿、61才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おう‐たく〔ワウ‐〕【王鐸】

[1592~1652]中国、明(みん)末清(しん)初の書家・画家。字(あざな)は覚斯(かくし)。明・清の2朝に仕えた。自由奔放で感情に富んだ書と、簡素で平明な山水画で知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

王鐸【おうたく】

中国,清代の画家,書家。河南の人。字は覚斯。詩文書画にすぐれ,絵では山水画を得意とし,また花鳥画四君子など当時主流の南画に抵抗し五代の荊浩関仝を範とした墨調の強い作品を描いた。
→関連項目村上三島

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おうたく【王鐸 Wáng Duó】

1592‐1652
中国,明末・清初の書家,画家。河南省孟津(もうしん)の人。字は覚之,または覚斯(かくし)。号は嵩樵(すうしよう),十樵,癡庵(ちあん),癡僊(ちせん)道人など。明の天啓2年(1622)の進士で,翰林編集より礼部尚書を歴任した。明の滅亡のとき,南京の福王に仕えたが,1645年(順治2)清に下り,明史副総裁より礼部尚書に栄進した。書は行草を王羲之・献之を,楷書は顔真卿(がんしんけい)風を学び,逸趣のある作品を多く伝える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おうたく【王鐸】

1592~1652) 中国、明末清初の書家・画家。字あざなは覚斯。清朝に仕えて礼部尚書となる。書は自由奔放で気力に富み、山水画は平明で簡素。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王鐸
おうたく
Wang Duo

[生]万暦20(1592)
[没]順治9(1652)
中国,明末,清初の書家。孟津 (河南省) の人。字は覚斯,覚之,号は嵩樵など。諡は文安。明,清両朝に仕え礼部尚書となった。楷書は唐の顔真卿,行草は王羲之,王献之の書風を学んだ。情趣豊かな連綿体の書風を特色とする。筆跡としては『擬山園帖』『琅華館帖』などがある。詩文,絵画も巧みであった。文集『擬山園集』がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

王鐸
おうたく
(1592―1652)

中国、明(みん)末清(しん)初の書画家。孟津(もうしん)(河南省)の人。字(あざな)は覚斯(かくし)、号は嵩樵(すうしょう)、石樵。1622年(天啓2)進士に合格。明清両朝に仕え、東閣大学士、礼部尚書の高位に上った。博学で詩文、書画いずれもよくしたが、とりわけ書名はもっとも高かった。彼は、楷書(かいしょ)は鍾(しょうよう)、行草は二王(羲之(ぎし)・献之(けんし))に範を求め、終生臨模(りんも)を怠らなかったという。しかし、彼の臨書は意臨に徹したもので、行草においては情熱や意気そのままに自由奔放な筆を振るい、激しい連綿草の一様式を樹立した。また画技においては山水、蘭竹(らんちく)に長じていた。当時から評判高く、いまも多くの書画作品が伝えられており、法帖(ほうじょう)『擬山園帖』も刊行されている。[角井 博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の王鐸の言及

【清代美術】より


[書]
 清代前半期,乾隆ころまでは,明代中期以来流行した法帖をよりどころとする帖学派が盛行し,後半期嘉慶(1796‐1820)以後は主として北朝の石刻文字を学ぶ碑学派の活躍が注目される。まず順治・康熙・雍正年間を帖学前期とし,王鐸と傅山2人をその代表とする。前者は清朝に出仕して2王朝の臣となり,後者は出仕の意を絶った遺民として,転換期における読書人の生き方をも代表する。…

※「王鐸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

王鐸の関連キーワード明の美術董其昌法帖狂草草書傅山

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android