コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関根矢作 せきね やさく

2件 の用語解説(関根矢作の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関根矢作 せきね-やさく

1803-1896 江戸後期-明治時代の農村指導者。
享和3年4月17日生まれ。下野(しもつけ)(栃木県)河内(かわち)郡大室村の名主。父の跡をつぎ今市から大室までの用水路をひらく。天保(てんぽう)の飢饉(ききん)ではこまった人をすくった。嘉永(かえい)6年より二宮尊徳日光神領の立て直しに協力。維新後は学校を設立し,植林を奨励した。明治29年7月30日死去。94歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

関根矢作

没年:明治29.7.30(1896)
生年:享和3.4.17(1803.6.6)
幕末から明治前期の素封家,農事指導者。下野国河内郡大室村(栃木県今市市)の名主。明治維新後は戸長,村長。幕末から農業のかたわら鬼怒川上流の日光神領組の売木人として活躍,神領組総代を務める。杉,檜,松などの植林による山林経営,今市から大室に至る用水路の開削,荒蕪地の開墾,水田の開田,街道の復旧,備荒のための郷蔵の建設,産馬の振興など,二宮尊徳の日光神領仕法以前から独自の地域振興策を進め,のち尊徳にも協力した。<参考文献>杉山益一郎・栃木弥三郎『老農関根矢作』『いまいち市史/通史編』別編Ⅰ

(阿部昭)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関根矢作の関連キーワード舎密素封素封家五港神谷与平治鈴木久太夫高橋正作水毛生伊余門宗像利吉村山久良

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone