閣道(読み)かくどう

  • かくどう ‥ダウ

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙
① 地上高く架した廊下。〔新撰字解(1872)〕
② 高い山の岩かどなどに木材を渡して作った道。桟道。かけはし。
※史記抄(1477)七「桟道とは閣道なり」
[2] 星の名。中国で、カシオペア座の西側に一線に並ぶ六星をいう。〔続日本紀‐養老六年(722)七月壬申〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の閣道の言及

【橋】より

…秦の始皇帝が渭水(いすい)の両岸に築いた長楽・咸陽両宮の間に架けられた橋は支間68,柱750本からなる木造の桁橋であり,漢代の壁画に中段を高く上げた橋の描写がある。秦・漢時代には,閣道という宮殿を連絡する重層の廊や桟道(さんどう)という山の斜面に架ける木造歩道も出現し,画像にはアーチ橋や肘木橋のような梯橋も見え,橋梁技術がすでに一定の進歩をとげたと推定される。桁橋は以後も広範に用いられ,遺構も数多い。…

※「閣道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

閣道の関連情報