コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阪倉篤義 さかくら あつよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阪倉篤義 さかくら-あつよし

1917-1994 昭和後期-平成時代の国語学者。
大正6年5月23日生まれ。昭和38年京大教授,のち甲南女子大教授。日本語の特徴を分析した「語構成の研究」などの著作ほか,「角川古語大辞典」の編集にとりくんだ。平成6年10月22日死去。77歳。京都出身。京都帝大卒。著作はほかに「文章と表現」「日本語の語源」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

阪倉篤義の関連キーワード夜の寝覚固有名詞竹取物語漢語畳語廃語

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android