コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阪田寛夫 サカタヒロオ

デジタル大辞泉の解説

さかた‐ひろお〔‐ひろを〕【阪田寛夫】

[1925~2005]小説家詩人。大阪の生まれ。朝日放送退職後、小説・詩・作詞など幅広く執筆。「土の器」で芥川賞受賞。他に小説「海道東征」、詩集わたしの動物園」、児童文学トラジイちゃんの冒険」、童謡「サッちゃん」「おなかのへるうた」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

阪田寛夫【さかたひろお】

小説家,詩人。東大国史学科卒。朝日放送入社。多くの放送脚本を書く一方,詩集《わたしの動物園》(1965年)を出版。小説では,1974年《土の器》で芥川賞受賞。他に川端康成賞を受けた《海道東征》など。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阪田寛夫 さかた-ひろお

1925-2005 昭和後期-平成時代の小説家,詩人。
大正14年10月18日生まれ。昭和38年朝日放送を退社して執筆生活にはいり,詩,小説,児童文学,脚本と幅ひろく活動する。50年「土の器」で芥川賞,59年「わが小林一三」で毎日出版文化賞,62年「海道東征」で川端康成文学賞。独自の伝記領域を開拓した。芸術院会員。平成17年3月22日死去。79歳。大阪出身。東大卒。評伝に「まどさん」,詩集に「わたしの動物園」,童謡に「サッちゃん」「おなかのへるうた」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

阪田寛夫の関連キーワードジロマジトンド・ジロトンド夕日が背中を押してくるサイクリング リンリンひとりぼっちの羊飼いちびっこカウボーイわが名はカウボーイ朝いちばん早いのはがちょうのおばさん地球を七回半まわれだれかが口笛ふいたパパのバイオリントレロ カモミロ野原で手をたたけいいやつみつけたねこふんじゃったこうして踊ろうよもえあがれ雪たちちさとじいたん君たちは太陽さコックのポルカ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

阪田寛夫の関連情報