阪田寛夫(読み)サカタヒロオ

デジタル大辞泉の解説

さかた‐ひろお〔‐ひろを〕【阪田寛夫】

[1925~2005]小説家・詩人。大阪の生まれ。朝日放送退職後、小説・詩・作詞など幅広く執筆。「土の器」で芥川賞受賞。他に小説「海道東征」、詩集「わたしの動物園」、児童文学トラジイちゃんの冒険」、童謡「サッちゃん」「おなかのへるうた」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

阪田寛夫【さかたひろお】

小説家,詩人。東大国史学科卒。朝日放送入社。多くの放送脚本を書く一方,詩集《わたしの動物園》(1965年)を出版。小説では,1974年《土の器》で芥川賞受賞。他に川端康成賞を受けた《海道東征》など。童謡の作詞も数多く手がけており,日本童謡賞を受けた《うたえバンバン》,《詩集サッちゃん》などがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阪田寛夫 さかた-ひろお

1925-2005 昭和後期-平成時代の小説家,詩人。
大正14年10月18日生まれ。昭和38年朝日放送を退社して執筆生活にはいり,詩,小説,児童文学,脚本と幅ひろく活動する。50年「土の器」で芥川賞,59年「わが小林一三」で毎日出版文化賞,62年「海道東征」で川端康成文学賞。独自の伝記領域を開拓した。芸術院会員。平成17年3月22日死去。79歳。大阪出身。東大卒。評伝に「まどさん」,詩集に「わたしの動物園」,童謡に「サッちゃん」「おなかのへるうた」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

阪田寛夫の関連情報