コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防塵マスク ぼうじんマスクdust mask; dust respirator

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

防塵マスク
ぼうじんマスク
dust mask; dust respirator

塵肺を防ぐために着用するマスク。鉱山その他粉塵の多い職場で働く人たちは,必ず着けなければならない。このマスクは,特殊なフィルタで粉塵をろ過する一方,吸気の能率を阻害しないよう工夫されている。 JIS規格品で,かつ国家検定合格品を用いなければならない。また,坑内災害の羅災時に発生した一酸化炭素による中毒を防止するため坑内では緊急用の COマスク (有効時間約 20分程度) の携帯が義務づけられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼうじん‐マスク〔バウヂン‐〕【防×塵マスク】

ちりやほこりが入るのを防ぐためのマスク。製造者または輸入者に対し、労働安全衛生法規程に基づく型式検定が義務づけられている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

防塵マスク
ぼうじんますく

鉱物性などの人体に有害なおそれのある浮遊粉塵の吸入を防止する濾過(ろか)式呼吸用保護具。吸気中の粉塵粒子は性能のよい濾過材で分離され、清浄化された空気のみを吸入できる。厚生労働省の規格による防塵マスクには、形状により隔離式と直結式の2種が、面体により全面形と半面形の2種がある。一般に直結式半面形が広く用いられている。粉塵捕集効率は、粒径2マイクロメートル以下で濃度が1立方メートル当り30ミリグラムの石英粉塵に対して95%以上、吸気抵抗は水柱8ミリメートル以下とされている。粉塵作業場では厚生労働省の検定に合格したマスクを用いなければならない。マスクは性能がよく、使用者の顔面に密着するものを正しく装着し、かつ手入れをよくしなければ効果がない。[房村信雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

防塵マスクの関連キーワード塵肺の治療と予防エレナ バドナー過敏性肺臓炎保安用機器呼吸保護具塵肺症保護具ちり塵肺防塵興研

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android