コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中期防衛力整備計画 ちゅうきぼうえいりょくせいびけいかく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中期防衛力整備計画
ちゅうきぼうえいりょくせいびけいかく

防衛計画の大綱」に基づいて策定される、日本の防衛力の中期(5年間)整備計画。略称中期防防衛庁(現、防衛省)が作成していた中期業務見積り(中業)が政府計画に格上げされ、1986年度(昭和61)から作成されている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

ちゅうきぼうえいりょくせいび‐けいかく〔チユウキバウヱイリヨクセイビケイクワク〕【中期防衛力整備計画】

防衛大綱に示された防衛力を実現するために、5年程度の中期的な防衛力整備の方針や主要な事業などについて定めた計画。安全保障会議の審議・決定を経て閣議で決定される。中期防。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中期防衛力整備計画
ちゅうきぼうえいりょくせいびけいかく
Medium Term Defense Program

日本の防衛力の整備,維持,運用などに関する中期的な計画。中期防と略称される。防衛計画の大綱に基づいて策定され,国家安全保障会議閣議で決定される。5年間の防衛関係費の総額と主要装備の整備数が具体的に盛り込まれ,これをもとに各年度の防衛力整備が実施される。1986~90年度を対象としたもの(61中期防)が最初で,おおむね 5年ごとに改定されている。防衛関係費に関する計画としては,1958~76年度について防衛力整備計画国防会議と閣議で決定されていたが,その後は 1976年に決定された「昭和52年度以降に係る防衛計画の大綱」(51大綱)に基づき,単年度方式で装備の調達などがなされていた。また,防衛庁内の計画として 1979年から「中期業務見積り」が作成されていたが,1985年に政府レベルの防衛力整備計画に格上げされ,61中期防が国防会議と閣議で決定された。2014~18年度を対象とした中期防(26中期防)は,予算規模を約 24兆6700億円として計画された。(→防衛防衛省

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

中期防衛力整備計画の関連キーワード国家安全保障戦略(NSS)と防衛大綱新たな防衛計画の大綱エーワックス導入問題空中給油・輸送機OTH水陸両用車部隊洋上防空体制10式戦車次期戦闘機空中給油機水陸機動団MLRS矢崎新二軍事費UAS防衛費F

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中期防衛力整備計画の関連情報