阿亀(読み)おかめ

精選版 日本国語大辞典「阿亀」の解説

お‐かめ【阿亀】

〘名〙 (「お」は接頭語)
① お多福の仮面。丸顔で鼻が低く、おでこで、ほおの高い女の仮面。お多福面。お多福。
※雑俳・柳多留‐一七(1782)「角兵衛しししゃれにおかめを交て来る」
② ①に似た顔の女。醜女をあざけっていう場合が多い。
※雑俳・柳多留‐一四(1779)「およしをかたづけお亀にむこをとり」
③ 伊勢・尾張地方で宿場女郎、飯盛り女のこと。
※随筆・羇旅漫録(1802)上「吉田おか崎には似ずいづれも醜婦なり。名古屋人これをおかめと渾名せり」
※東京風俗志(1899‐1902)〈平出鏗二郎〉中「かけ・盛りを普通(なみ)とし、〈略〉天麩羅・おかめ・花巻・卵とぢ・鴨南蛮・など甚だ多し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android