コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿仁銅山 アニドウザン

3件 の用語解説(阿仁銅山の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あに‐どうざん【阿仁銅山】

秋田県北秋田市南部の銅山。古くは金銀を産出、のち銅山として栄えた。昭和45年(1970)休山。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あにどうざん【阿仁銅山】

秋田県北秋田郡阿仁町(現北秋田市)にあった銅山。銀・硫化鉄も産出。江戸時代は佐竹藩が直営。1885年(明治18)以降民営。1970年(昭和45)休山。78年閉山。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿仁銅山
あにどうざん

秋田県北秋田市阿仁地区に散在した阿仁鉱山の一部。小沢(おざわ)、真木沢(まぎざわ)、三枚(さんまい)、一ノ又(いちのまた)、二ノ又、萱草(かやくさ)ほか11か山の総称。阿仁鉱山は、もともと向山(むかいやま)を中心に、金銀山として開かれていたが、寛文(かんぶん)年間(1661~1673)前後から、次々と11か山の銅山が開発された。荒銅の生産額は1708年(宝永5)の360万斤(2160トン)をピークに減少したが、明治に入って漸増、明治末年には200万斤を超えるに至った。開発当初は、北国屋手代(てだい)高岡八右衛門らの商人請負、1702年(元禄15)からは秋田藩営、1875年(明治8)に官営移行、1885年払下げによって古河(ふるかわ)鉱業会社(現、古河機械金属)の稼行となった。また、この阿仁銅からの絞銀(しぼりぎん)、銅精錬のために、阿仁川の下流、藤琴川との合流点に銀絞所がつくられた。この加護山銀絞所は1774年(安永3)から1895年(明治28)まで営業した。銅山の採掘は1978年(昭和53)には終了した。ドイツ人技師によってつくられた異人館(国指定重要文化財)と、それに隣接する阿仁郷土文化保存伝承館において銅山の歴史が紹介されている。また、2007年(平成19)には阿仁鉱山が経済産業省選定の「近代化産業遺産」に選ばれている。[佐々木潤之介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿仁銅山の関連キーワード鷹巣北秋田市北秋田秋田空港秋田県民会館秋田市文化会館あにかみこあに西武秋田店たかのす

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone