コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿倍広庭 あべの ひろにわ

3件 の用語解説(阿倍広庭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿倍広庭 あべの-ひろにわ

659-732 飛鳥(あすか)-奈良時代の公卿(くぎょう)。
斉明天皇5年生まれ。阿倍御主人(みうし)の子。伊予守,左大弁などをへて参議。神亀(じんき)4年従三位,中納言となり,のち催造宮長官をかねる。歌4首が「万葉集」巻3,6,8に,詩2編が「懐風藻」にみえる。天平(てんぴょう)4年2月22日死去。74歳。
【格言など】児らが家道(いへぢ)やや間遠きをぬばたまの夜渡る月に競(きほ)ひあへむかも(「万葉集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

阿倍広庭

没年:天平4.2.22(732.3.22)
生年:斉明5(659)
8世紀前半の公卿,文人。御主人の子。慶雲1(704)年父の功封を継ぐ。和銅2(709)年正五位下で伊予守となり,同8年宮内卿となる。養老6(722)年参議兼知河内和泉事となり,神亀4(727)年中納言に昇進。死没時には中納言従三位兼催造宮長官知和泉等国事。『万葉集』に「かくしつつ在らくを好みぞたまきはる短き命を長く欲りする」など4首,『懐風藻』に詩2首をのこす。

(今泉隆雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あべのひろにわ【阿倍広庭】

?‐732(天平4)
奈良時代の公卿。阿倍御主人(みうし)の子。704年(慶雲1)従五位上のとき,前年没した父の功封100戸の4分の1をついだ。709年(和銅2)正五位下で伊予守となり,715年(霊亀1)従四位下で宮内卿に転じ,721年(養老5)正四位下左大弁を経て,翌年参議となり,ついで知河内和泉事を兼任した。727年(神亀4)従三位で中納言に任ぜられ,732年2月没した。このとき中納言従三位兼催造宮長官知河内和泉等国事であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

阿倍広庭の関連キーワード飛鳥井頼孝飛鳥井流飛鳥京飛鳥京跡飛鳥鍋飛鳥の蘇大阪府羽曳野市飛鳥飛鳥/明日香奈良県高市郡明日香村飛鳥飛鳥井曾衣

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone