阿波国分尼寺跡(読み)あわこくぶんにじあと

国指定史跡ガイドの解説

あわこくぶんにじあと【阿波国分尼寺跡】


徳島県名西(みょうざい)郡石井町石井尼寺にある寺院跡。741年(天平13)、聖武天皇の勅願によって、国ごとに建てられた阿波国分尼寺の遺跡。徳島市の西方、吉野川と鮎喰(あくい)川の合流点に形成された沖積平野の奥に位置している。尼寺(にんじ)という地名から、古くから尼寺跡として推定されてきたが、1970年(昭和45)に宅地造成中に礎石と思われる巨石が出土し、同年と翌年に発掘調査が行われた。調査により、金堂跡や北門跡・回廊跡をはじめ寺域を限る築地およびそれにともなう堀が確認された。付近の条里地割りとの関連から考えると、寺域は1町半(約158m)四方の大規模なものであることが明らかになった。1973年(昭和48)に国の史跡に指定された。現在、遺跡を説明する案内板が設置されている。近くに、四国霊場16番札所観音寺、約1.5kmのところに阿波国分寺跡がある。JR高徳線ほか徳島駅から徳島バス「鳥坂北(とっさかきた)」下車、徒歩約5分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android