コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陋規 ろうきlou gui

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陋規
ろうき
lou gui

中国において官員や胥吏 (しょり) らの間で行われていた非公式な収入。広義には,公務にたずさわる者が職務を行うのに関して,法律で定められた給与以外に獲得する一切の収入をさす。清代でいえば,官員は俸給が概して少額であったから,種々の名目で人民から手数科を取り,これが陋規と称されて,特に地方官の主要な収入源となり,致富の手段ともなった。狭義には,人民の納める租税に課する付加税の全部あるいは一部をさす。清代の官庁の胥吏はほとんど俸給を支給されなかったので,彼らは人民から徴収した付加税をみずからの生活費や,上級の胥吏への贈与などにあて,大きな弊害をなした。そのほかに,胥役 (胥吏と,雑役夫である衙役〈がえき〉) は訴訟事件など事あるごとに,関係の人民に手数科を強要して着服し,これらもみな陋規といわれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone