降矢冲三郎(読み)ふるや おきさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

降矢冲三郎 ふるや-おきさぶろう

1849-1919 明治-大正時代の囲碁棋士。
嘉永(かえい)2年生まれ。醤油醸造業をいとなむ。小林鉄次郎らと対局かさね,明治18年方円社より2段をうける。のち家業を長男にゆずり,上京して囲碁に専心し,31年4段,大正2年6段にすすむ。居を横浜にうつし,横浜碁壇の発展につくした。大正8年1月31日死去。71歳。信濃(しなの)(長野県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android