限性品種(読み)げんせいひんしゅ(英語表記)sex‐limited race

世界大百科事典 第2版の解説

げんせいひんしゅ【限性品種 sex‐limited race】

雌雄の鑑別を容易にするために限性遺伝を利用して作られた品種。両性生殖をする多くの動植物では,雌雄どちらかの性がヘテロ型(XY)の性染色体をもつ。この場合,Y染色体上の優性遺伝子は,他の染色体に優性同義遺伝子がないかぎり,Y染色体をもつ性にのみ限性的に発現する(限性遺伝)。この性質を利用して,識別しやすい形質の遺伝子を常染色体からY染色体に転座させ,実用形質を改良したものが限性品種で,1941年に日本人によってカイコで作られたのが最初である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android