陸奥紙(読み)みちのくがみ

日本大百科全書(ニッポニカ)「陸奥紙」の解説

陸奥紙
みちのくがみ

平安時代に陸奥(むつ)国で産出された、コウゾ(楮)を主原料とする上質の和紙。「みちのくにがみ」ともいう。衣(ころも)川流域の平泉文化圏で漉(す)き始められたとの説もあり、その紙質が都の紙屋紙(かんやがみ)に匹敵するほど良質なため、平安京の貴族の間でもてはやされて、やがて紙屋院を衰退に導く結果ともなった。王朝文学にしばしばその賛美のことばとともに用いぶりが表れており、厚くてふくよかな、しかも白くて清らかなその麗しい紙は、懐紙として詩歌を書いたりするのに愛用されたことがわかる。はるかな奥羽地方をしのんでか、唐様(からよう)に檀紙とよんだり、あるいは真弓紙(まゆみのかみ)といったりしたようである。

[町田誠之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「陸奥紙」の解説

みちのく‐がみ【陸奥紙】

〘名〙 奥州から産した楮(こうぞ)を原料とした上質の紙。みちのくにがみ。→檀紙(だんし)
※堺本枕(10C終)一五〇「しろくきよげなるみちのくかみに」

みちのくに‐がみ【陸奥紙】

※宇津保(970‐999頃)藤原の君「みちのくのかみのたてまつれるみちのくにがみあり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「陸奥紙」の解説

みちのく‐がみ【陸奥紙】

陸奥産の檀紙。また、檀紙のこと。みちのくにがみ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の陸奥紙の言及

【檀紙】より

…平安時代には手紙はもとより,漢詩や和歌などを記す懐紙などにも用いられた高級な紙であった。男子は檀紙と記していたが,《源氏物語》などの女流文学にみられるように,女子は陸奥紙(みちのくがみ)とよんでいた。このため檀紙の産地を陸奥とみなす説がゆきわたっているが,一説には,これは修辞学的な表現にすぎず,実際は広く各地から産出したものという。…

※「陸奥紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android