コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紙屋紙 カミヤガミ

デジタル大辞泉の解説

かみや‐がみ【紙屋紙】

平安時代、紙屋院で製した上質の紙。のちには、宮中で用いた反故(ほご)紙をすき返して作った。こうやがみ。かんやがみ。かやがみ。→薄墨紙(うすずみがみ)

かや‐がみ【紙屋紙】

かみやがみ

かんや‐がみ【紙屋紙】

かみやがみ(紙屋紙)」に同じ。

こうや‐がみ〔かうや‐〕【紙屋紙】

かみやがみ」の音変化。
「―の草子」〈玉鬘

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

紙屋紙【かみやがみ】

〈かんやがみ〉とも読まれ,宿紙(しゅくし)ともいう。平安時代に京都の紙屋院と呼ばれた官立製紙場ですいた紙。宣旨綸旨など,もっぱら官用に供した。平安末期には,廃紙をすき返したやや暗色の紙が作られ,薄墨(うすずみ)紙とも呼ばれた。
→関連項目和紙

紙屋紙【かんやがみ】

紙屋紙(かみやがみ)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かみやがみ【紙屋紙】

〈かんやがみ〉ともいう。古代の中央の官営製紙所である紙屋院ですいた紙をいう。紙屋院が嵯峨の野宮(ののみや)の東方に設けられたのは,平城天皇の大同年間(806‐810)であった。それ以前の官営製紙所の正式名称は不明であるが,一般には紙屋とよばれていた。紙屋や紙屋紙の名称は《正倉院文書》にも現れてくるが,最も盛んに用いられたのは,平安時代の女流文学の宮廷生活の描写においてであった。はじめ紙屋院では,檀紙(だんし)のようなコウゾ(楮)の生漉紙(きずきがみ)をすいていたが,しだいに打曇や飛雲のようなすき模様紙や染め紙など飾りをほどこした技巧的な紙を中心にすくようになり,大量に使われる公用紙(多くは楮紙)は地方産の紙にまかせるようになったと思われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かみやがみ【紙屋紙】

紙屋院で漉いた紙。のちにはもっぱら宮中の故紙を漉き返して宿紙しゆくしとしたことから、宿紙の異名ともなった。かんやがみ。かやがみ。こうやがみ。

こうやがみ【紙屋紙】

「かみやがみ(紙屋紙)」の転。 「常陸の親王の書きおき給へりける-の草子/源氏 玉鬘

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紙屋紙
かんやがみ

紙屋院(かみやいん)で漉(す)き出された和紙。もとは図書寮紙屋院(ずしょりょうしおくいん)で漉かれた紙を示し、728年(神亀5)の『正倉院文書』に初出するが、平安時代の嵯峨(さが)天皇の大同(だいどう)年間(806~810)に京都の野宮(ののみや)の東方へ紙屋院が拡充設立されてからは、そこで漉かれる上質な紙の一般名となった。中国から輸入された唐紙(からかみ)をしのぐ優秀な、麗しい、ふくよかな紙として、上流貴族の間でもてはやされた。王朝文学のなかにしばしばその賛辞がみられる。紙屋紙の声価はおよそ4世紀近く続くが、平安時代末期に貴族の権威が低下し、紙屋院の機構が衰退するとともにその紙質も低下し、陸奥紙(みちのくがみ)などの優れた地方産紙が出回るにつれ、ついに故紙の再生、すなわち宿紙(しゅくし)の代名詞のようになった。紙屋院のそばを流れる川は紙屋川とよばれ、紙漉きの伝統は川に沿って続くが、江戸時代から明治にかけては西洞院紙(にしのとういんがみ)などのちり紙が盛んに生産された。[町田誠之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の紙屋紙の言及

【宿紙】より

…また鎌倉時代以降,天皇の側近に仕える蔵人(くろうど)が天皇の意を奉じて出す綸旨(りんじ)のことを,〈薄墨の綸旨〉と呼ぶのは,綸旨の用紙に宿紙を用いたためである。綸旨に限らず,もともと宿紙はおもに宮中で使われたので,紙屋院(かみやいん)で多く漉かれ,後に紙屋紙(かみやがみ)といえば宿紙のことをさすほどになった。【編集部】。…

【紙屋院】より

…平安時代には野宮(ののみや)の東(嵯峨野)にあったことが《西宮記》に記されており,その近くを流れる天神川は今なお紙屋川ともいわれている。紙屋院ですかれた紙は紙屋紙と呼ばれ,上質で,写経や宣旨・綸旨の紙,あるいは宮廷での使用等にあてられたようで,《源氏物語》などの文学作品にも見られる。また,故紙をすき直して造る宿紙(しゆくし)は紙屋院ですかれていたことから,宿紙の生産がふえるにしたがい,宿紙を紙屋紙と呼ぶようになっていったようである。…

※「紙屋紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

紙屋紙の関連キーワード紙燭・脂燭漉き返し薄墨紙陸奥紙削り木紙燭

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android