コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紙屋院 カミヤイン

デジタル大辞泉の解説

かみや‐いん〔‐ヰン〕【紙屋院】

平安時代、京都の紙屋川のほとりにあった、官立の製紙加工所。かんやいん。かんや。かやいん。

かや‐いん〔‐ヰン〕【紙屋院】

かみやいん

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かみやいん【紙屋院】

古代律令制下における中央政府の一機構で,図書寮(ずしよりよう)に付属する紙すき所。紙屋ともいう。紙すきの技術者である造紙手(《養老令》では4人)と,その下で働く紙戸(紙すきのために人を出す戸で,山背国の50戸。品部の一種)の戸ごとに1人出される丁によって構成されていた。紙屋院では1日に120~200枚ほどの紙をすき,毎年2万枚を内蔵寮(くらりよう)に納めることが《延喜式》に定められている。平安時代には野宮(ののみや)の東(嵯峨野)にあったことが《西宮記》に記されており,その近くを流れる天神川は今なお紙屋川ともいわれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かみやいん【紙屋院】

平安時代、図書寮ずしよりように属した製紙所。山城国、北野の紙屋川畔にあり、官庁用の紙を漉いた。かみや。かんや。かやいん。

かやいん【紙屋院】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紙屋院
かみやいん

奈良時代に設けられた官立製紙所。「しおくいん」「かんやいん」ともいう。平安時代の大同(だいどう)年間(806~810)に、京都の紙屋川のほとりに拡充移設されて以来、紙屋紙(かんやがみ)の名声をもつ優秀な紙を漉(す)いた。製紙技術の指導的役割も果たし、和紙の流し漉(ず)き法もおそらくここで開発されたと思われる。平安末期に権力が貴族から武家の手に移り、また優れた地方産紙も出回るようになったためその地位は低下し、もっぱら漉き返しを行うようになった。[町田誠之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の紙屋院の言及

【宿紙上下座】より

…図書寮紙屋院の後身として蔵人所を本所に室町期に成立した座。特権として京中における紙漉業の独占権と課役免除を保持した。…

【図書寮】より

…頭,助,大允,少允,大属,少属各1人の事務官と,写書手20人,装潢(そうこう)手4人,造紙手4人,造筆手10人,造墨手4人の技術指導者を擁し,紙すきに従事する紙戸50戸が付属する。大同年間(806‐810)に別所として紙屋院(かみやいん)と称する紙すき場が置かれたが,律令制の衰退とともに,紙屋院での紙すきのみは,図書允を世襲した栂井(とがのい)家と図書属を世襲した小佐治家が紙漉座を結成して行ったが,それも地方製紙業の発達によりすたれた。(2)近代官職制度において,1884年8月,宮内省中に置かれた部局。…

※「紙屋院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

紙屋院の関連キーワード宿紙上下座漉き返し西洞院紙陸奥紙薄墨紙和紙半紙麻紙

紙屋院の関連情報