コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隆達小歌 りゅうたつこうた

2件 の用語解説(隆達小歌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

隆達小歌
りゅうたつこうた

堺の高三 (たかさぶ) 隆達 (1527~1611) の始めた小歌。「隆達節」ともいう。文禄から慶長にかけて流行した。扇拍子または一節切 (ひとよぎり。尺八の一種) を伴奏としたともいわれ,三味線音楽成立以前のものとしては中世的であるが,詞章内容上は近世歌謡的新鮮さをもち,室町小歌の完結点であると同時に,近世小歌の出発点というべき位置を占める。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

りゅうたつこうた【隆達小歌】

近世歌謡の一。堺の日蓮僧高三たかさぶ隆達(1527~1611)の創始。文禄・慶長(1592~1615)頃上方で流行。扇拍子や一節切ひとよぎりに合わせて歌ったもので、室町小歌から近世小唄への転機をなした。隆達節。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の隆達小歌の言及

【隆達節】より

…近世初期,隆達(1527‐1611)が節付けした歌謡。単に隆達または隆達小歌,隆達の歌などともいう。隆達は泉州堺の生れ,高三(たかさぶ)を姓とする。…

※「隆達小歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

隆達小歌の関連キーワードマク氏崇元寺酒井忠次守礼門高三隆達フェリペマールブルク李贄黎朝アグリコラ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone