コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閑吟集 かんぎんしゅう

6件 の用語解説(閑吟集の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

閑吟集
かんぎんしゅう

室町時代後期の歌謡集。編者は連歌師宗長説もあるが不明。1冊。永正 15 (1518) 年編。真名序と仮名序を付し,歌謡の歴史と徳を述べ,中国の『詩経』にならって 311首の小歌を集めている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かんぎんしゅう〔カンギンシフ〕【閑吟集】

室町後期の歌謡集。1巻。編者未詳。永正15年(1518)成立。小歌(こうた)や猿楽など当時の歌謡311首を収める。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

閑吟集【かんぎんしゅう】

室町後期の歌謡集。1巻。編者不詳,連歌師の宗長かともいう。1518年成立。室町時代に流行した小歌約300首を収録。厳密には狭義の小歌のほか,吟詩,大和節,放下歌,早歌,田楽節,近江節,狂言小歌等を含む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かんぎんしゅう【閑吟集】

歌謡集。室町時代に流行した小歌の代表的集成。1518年(永正15)成立。編者の名は記されていないが,仮名序に〈富士の遠望をたよりに庵を結び,十余年を過ごした桑門(よすてびと)〉とある。一節切(ひとよぎり)の尺八をたしなみ,五山僧の面影があり,和歌,連歌,漢詩に通じ,儒教的な教養もうかがえる。連歌師柴屋軒(さいおくけん)宗長を擬す説もあるが,確かではない。〈都鄙遠鏡の花の下,月の前の宴席〉などで聴きもし謡いもした懐旧の小歌を,〈毛詩三百余篇になずらへ〉311首にまとめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かんぎんしゅう【閑吟集】

歌謡集。一巻。編者未詳。1518年成立。小歌を中心に三一一首の歌謡を収める。恋愛心理を歌った歌謡が多いが、漢詩的な語句や風趣を扱ったものから民謡風のものまで多様で、新しい律調が生かされている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

閑吟集
かんぎんしゅう

中世後期に成立した広義の小歌(こうた)の集成。1巻。編者未詳。原本は伝わらず、現存の4本はいずれも転写本である。『詩経』に準じたと考えられる311首の前に真名序(まなじょ)と仮名序とを置き、真名序では小歌の本質や効果を説いたあとで、書名が編者たる「一狂客」の命名であること、永正(えいしょう)15年(1518)秋8月に記したことを述べる。和歌の部立(ぶだて)のごとく四季、恋の順で連歌(れんが)的な「鎖(くさ)り」の手法で配列されている歌謡の内訳は、小歌231、大和(やまと)節48、近江(おうみ)節2、田楽(でんがく)節10、吟詩句7、早歌(そうが)8、放下(ほうか)の謡物(うたいもの)3、狂言小歌2。「小歌」とは『申楽談儀(さるがくだんぎ)』などにみられる「小歌ぶし」の流れを引く優美な旋律、拍節不定のリズムを基調とする謡物、「大和節」とは大和猿楽(さるがく)の謡物、すなわち謡曲の小謡(こうたい)風のものをさし、『閑吟集』のほとんどが広義の「小歌節」もしくは小歌がかりのものである。内容は恋の歌が大部を占め、軽妙で自由闊達(かったつ)、詩型も変化に富み、七五七七の今様(いまよう)半型式のような短小のものがもっとも多い。[徳江元正]
『志田延義他校注『日本古典文学大系44 中世近世歌謡集』(1959・岩波書店) ▽浅野健二著『閑吟集研究大成』(1968・明治書院) ▽臼田甚五郎・新間進一校注・訳『日本古典文学全集25 神楽歌・催馬楽・梁塵秘抄・閑吟集』(1976・小学館) ▽北川忠彦校注『新潮日本古典集成 閑吟集・宗安小歌集』(1982・新潮社) ▽高梨敏子他編『閑吟集総索引』(1969・武蔵野書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の閑吟集の言及

【海道下り】より

…《海道記》《東関紀行》《義経記》などの海道下りが残るが,ことに《平家物語》およびその影響下に作られた《太平記》巻二〈俊基朝臣関東下向事〉などがよく知られている。一方歌謡には,鎌倉中期以降に流行した宴曲(えんきよく)を集めた《宴曲集》(1296成立)に載る〈海道〉上中下,室町時代の流行歌集《閑吟集(かんぎんしゆう)》(1518成立)の〈面白の海道下りや〉で始まる放下(ほうか)歌などが残っている。この放下歌の系統が,のちの芸能の中に伝承されているのであるが,中世の回国の芸能者である放下師(放下)を通してひろく諸国に伝わったのであろう。…

【日本音楽】より

…中世後期の民謡は,〈小歌〉と呼ばれるものの中に見られる。《閑吟集》《宗安小歌集》《隆達小歌集》の中には,民謡的な小歌が相当含まれている。しかし,純粋な民謡を集めたものとしては,中国山地の田植歌を集めた《田植草紙》が代表的なものであろう。…

※「閑吟集」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

閑吟集の関連キーワード小歌小舞十六番宗安小歌集加賀節殿中歌い物元禄小袖小歌踊婆娑羅扇《室町時代小歌集》

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

閑吟集の関連情報