(読み)セキ

デジタル大辞泉の解説

せき【隻】

[接尾]助数詞。
比較的大きい船を数えるのに用いる。「駆逐艦二
屏風など対(つい)になっているものの片方を数えるのに用いる。「六曲一
魚・鳥・矢などを数えるのに用いる。
「箭二―を着て」〈続紀

せき【隻】[漢字項目]

常用漢字] [音]セキ(漢)
二つあるものの片方。「隻眼隻手隻腕
ただ一つ。ほんの少し。「隻語片言隻句

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せき【隻】

( 接尾 )
助数詞。
比較的大きな船を数えるのに用いる。 「軍艦一-」
屛風びようぶなど対になっているものの片方を数えるのに用いる。
魚・鳥・矢などを数えるのに用いる。 「鮭の一二-/宇治拾遺 1」 「矢の一-/太平記 9

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

隻の関連情報