コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雁門 ガンモン

大辞林 第三版の解説

がんもん【雁門】

〔仏を雁王ということから〕
仏門。

がんもん【雁門】

中国、山西省北部の山。また、山上の関。遊牧民族の侵入を防ぐ重要地点。雁山。句注山。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の雁門の言及

【代】より

…内長城の内側,滹沱河(こだか)の上流にある。漢代に広武県(太原郡に所属)がおかれ,隋代に雁門と改名し代州の中心とした。中華民国に至り代県として省に直属し今日に及んでいる。…

※「雁門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雁門の関連キーワードシンチョウ(忻州)地区慧遠(東晋時代の僧)隋の時代(年表)池上 浩山人万里の長城燕雲十六州長井 金風秋風の曲遊牧民族蒔田雲処薩都剌雁門関山上築地侵入恒山侯景慧遠曇鸞仏門