雁門(読み)ガンモン

大辞林 第三版の解説

がんもん【雁門】

〔仏を雁王ということから〕
仏門。

がんもん【雁門】

中国、山西省北部の山。また、山上の関。遊牧民族の侵入を防ぐ重要地点。雁山。句注山。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

がん‐もん【雁門】

[1] (仏陀を雁王と称するところから) 仏門
※本朝文粋(1060頃)一三・供養自筆法華経願文〈兼明親王〉「敬鴈門之師演鷲峯之偈
[2]
[一] 中国、山西省北部にある山。中国北辺守備の重要な地点。雁山。句注山。
[二] 咸陽宮の築地が高いため雁が越えられないことがあるので、始皇帝が雁の通り抜けられるように設けたという穴。日本で創作された説話と思われる。
※平家(13C前)五「飛行自在のさはりあれば、築地には鴈門となづけて、鉄の門をあけてぞとほしける」
[三] 中国、山西省北西部の郡名。戦国時、趙の置いたもの。〔史記‐韓長孺伝〕
[四] ((一)が中国北方の要所であったところから) 江戸城北方に当たる遊里、新吉原の異称。
※雑俳・柳多留拾遺(1801)巻一二上「雁門のはしごへのほる酒きけん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の雁門の言及

【代】より

…内長城の内側,滹沱河(こだか)の上流にある。漢代に広武県(太原郡に所属)がおかれ,隋代に雁門と改名し代州の中心とした。中華民国に至り代県として省に直属し今日に及んでいる。…

※「雁門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android