コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

咸陽宮 カンヨウキュウ

デジタル大辞泉の解説

かんよう‐きゅう〔カンヤウ‐〕【咸陽宮】

戦国時代に孝公咸陽に建てた壮大な宮殿。のち、始皇帝が住んだ。
[補説]曲名別項。→咸陽宮

かんようきゅう【咸陽宮】[謡曲]

謡曲。四番目物金春(こんぱる)以外の各流。燕(えん)の荊軻(けいか)と秦舞陽(しんぶよう)は秦の始皇帝の命をねらうが、花陽夫人の琴に聴きほれているうちに討ち取られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かんにょうきゅう【咸陽宮】

(1)平曲の曲名。平物(ひらもの)。拾イ物。燕の太子のが秦に捕らえられたとき,本国の老母にひと目会いたいと願ったところ,秦の始皇帝は,馬に角が生えの頭が白くなったら許そうとあざけった。ところが忠孝を重んずる神仙や聖人に丹の孝心が通じ,角のある馬と白い首の烏が宮廷に来た(〈三重(さんじゆう)〉)。そこで丹は国へ帰されたが,秦を恨み荆軻(けいか)を大臣として再起を図る。始皇帝が亡命者樊於期(はんよき)の首に懸賞金を掛けていることを知った荆軻は,秦舞陽と2人で秦の都におもむく。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんようきゅう【咸陽宮】

秦の都、咸陽にあった壮大な宮殿。戦国時代に孝公が造営。始皇帝が造営した阿房宮あぼうきゆうとともに、秦の滅亡の際に項羽によって焼かれた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

咸陽宮の関連キーワード手込む・手籠む・手篭む能現行曲一覧中国美術戦国時代一畳台阿房宮有無に荊軻謡曲金春ツレ造営項羽唐冠滅亡菜蕗雁門

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android