コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雄勝石 おがついし

デジタル大辞泉の解説

おかち‐いし〔をかち‐〕【雄勝石】

宮城県石巻市雄勝(おがつ)地区から産出する黒色粘板岩。石碑・瓦・硯石(すずりいし)などにする。玄昌石(げんしょうせき)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おがついし【雄勝石】

宮城県桃生郡雄勝町に産する二畳紀登米(とよま)層に属する粘板岩の石材名。黒色,緻密で板状節理をもち,日本最大のスレート産地になっている。玄晶石という商品名で屋根材や石盤に利用されてきたが,今日では日本の生産の90%を占める硯(すずり)と,床材として利用される角型のタイルを生産するだけである。この登米層は,北上山地の西側登米(とめ)郡登米(とよま)町に続き,ここでも採石,加工が行われている。【矢橋 謙一郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おかついし【雄勝石】

宮城県石巻市雄勝町付近から産する粘板岩。硯すずり・石碑などに用いる。玄昌石。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

雄勝石の関連キーワード宮城県石巻市雄勝町明神雄勝(宮城県)宮城県石巻市雄勝〈町〉雄勝[町]雄勝硯

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雄勝石の関連情報