コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雄勝石 おがついし

デジタル大辞泉の解説

おかち‐いし〔をかち‐〕【雄勝石】

宮城県石巻市雄勝(おがつ)地区から産出する黒色粘板岩。石碑・瓦・硯石(すずりいし)などにする。玄昌石(げんしょうせき)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おがついし【雄勝石】

宮城県桃生郡雄勝町に産する二畳紀登米(とよま)層に属する粘板岩の石材名。黒色,緻密で板状節理をもち,日本最大のスレート産地になっている。玄晶石という商品名で屋根材や石盤に利用されてきたが,今日では日本の生産の90%を占める硯(すずり)と,床材として利用される角型のタイルを生産するだけである。この登米層は,北上山地の西側登米(とめ)郡登米(とよま)町に続き,ここでも採石,加工が行われている。【矢橋 謙一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おかついし【雄勝石】

宮城県石巻市雄勝町付近から産する粘板岩。硯すずり・石碑などに用いる。玄昌石。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雄勝石の関連情報