コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅尭臣 バイギョウシン

デジタル大辞泉の解説

ばい‐ぎょうしん〔‐ゲウシン〕【梅尭臣】

[1002~1060]中国、北宋の詩人。宛安徽省)の人。字(あざな)は聖兪(せいゆ)。技巧をこらした西崑(せいこん)派の詩風に反対し、感情の率直な表出を主張した。「宛陵集」60巻がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

梅尭臣【ばいぎょうしん】

中国,北宋の詩人。安徽省宣城の出身。宛陵先生と称された。若くして詩名が高く,清新な発想と巧妙な表現に特色をもち,新しい詩風を開いた。下級役人としての日常生活をスケッチした詩にすぐれたものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ばいぎょうしん【梅尭臣 Méi Yáo chén】

1002‐60
中国,北宋の詩人。字は聖兪。安徽省宣城(宛陵)の出身。最終の官は尚書都官員外郎。宋詩開拓者としての名声は生前から高かったが,一生の大半を一介地方官として過ごしたため,当時における文化界の最高指導者欧陽修から〈詩が人を窮地に追いやるのではなく,窮地に追いやられるからこそすぐれた詩が生まれるのだ〉と評された。花鳥風月をテーマに華麗な典故対句に力を注ぐ西崑体(せいこんたい)の詩風に反対し,詩は本来みずからの性情をすなおに表現するものだと主張,身辺の平凡な事象から人間の真実を描くことを旨とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ばいぎょうしん【梅尭臣】

1002~1062) 中国北宋の詩人。字あざなは聖兪。欧陽脩・蘇舜欽とともに梅欧・蘇梅と並称された。門下に王安石・蘇軾らがいる。含蓄のある平淡な詩を作り、宋詩の開祖といわれる。詩文集「宛陵先生集」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の梅尭臣の言及

【宋詩】より

…ただ王禹偁(おううしよう)(954‐1001)が,平静淡泊な中に,社会批判をこめた独自の詩を作り,宋詩の第一声とされる。仁宗時代に入り,散文の分野で古文を提唱して文体を改革した欧陽修を先頭に,梅尭臣,蘇舜欽(そしゆんきん)らが新しい詩を作りだし,たちまち詩風は一変した。とりわけ欧陽修によって〈梅翁は清切を事とし,石もて歯を寒瀬(かんらい)に漱(すす)ぐ,……たとえば妖韶(ようしよう)の女のごとく,老いておのずから余態あり。…

【中国文学】より

…つまり詩はいっそう知性的になったのである。北宋初期(11世紀の初め)の宮廷詩人の一群の詩は,のち〈西崑(せいこん)体〉とよばれる,李商隠の恋愛詩の模倣に力を費やすだけであったが,梅尭臣(ばいぎようしん)と王安石が出て,詩風は一変する。〈西崑体〉の詩人たちは律詩のみを作ったが,梅尭臣は古体(とくに五言古詩)を多く作り,それらは〈生硬〉のそしりを免れなかったけれども,確かに新しいスタイルであった。…

※「梅尭臣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

梅尭臣の関連キーワード蘇舜欽悼亡詩王安石蘇軾

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android