集団心理学(読み)しゅうだんしんりがく(英語表記)group psychology; collective psychology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

集団心理学
しゅうだんしんりがく
group psychology; collective psychology

社会的集団が,そのなかの個人の行動に及ぼす影響や社会的集団自体の行動について研究する社会心理学の一分野。最近ではグループ・ダイナミックスソシオメトリーなどの集団の研究が発展しているが,大規模集団の行動をより全体的に扱う試みも G.ル・ボン以来なされてきた。後者を特に集合心理学といい,その研究対象として群衆,パニック,乱衆 mobなどがおもに扱われる。ほかに,流行現象を扱う研究なども含まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

集団心理学の関連情報