コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集団心理学 しゅうだんしんりがくgroup psychology; collective psychology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

集団心理学
しゅうだんしんりがく
group psychology; collective psychology

社会的集団が,そのなかの個人の行動に及ぼす影響や社会的集団自体の行動について研究する社会心理学の一分野。最近ではグループ・ダイナミックスソシオメトリーなどの集団の研究が発展しているが,大規模集団の行動をより全体的に扱う試みも G.ル・ボン以来なされてきた。後者を特に集合心理学といい,その研究対象として群衆,パニック,乱衆 mobなどがおもに扱われる。ほかに,流行現象を扱う研究なども含まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

集団心理学の関連キーワードブロンデル(Charles Brondel)チャールズ ブロンデル集団ヒステリー教育心理学民族心理学個人心理学同一視

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

集団心理学の関連情報