コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雌宝香 メタカラコウ

デジタル大辞泉の解説

め‐たからこう〔‐たからカウ〕【雌宝香】

キク科の多年草。高原などの湿地に生え、高さ約1メートル。茎は赤紫色を帯びる。葉は長い柄があり、心臓状三角形で、互生する。秋、茎の上部に黄色い花を総状につけ、ふつう舌状花は1~3個でオタカラコウより少ない。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

めたからこう【雌宝香】

キク科の大形多年草。深山の湿地に生える。葉は柄が長く、径30センチメートル 内外の三角心形。夏から秋にかけ、高さ約1メートルの花茎の頂に長い総状花序を立て、黄色の頭花を多数つける。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報