コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雌宝香 メタカラコウ

デジタル大辞泉の解説

め‐たからこう〔‐たからカウ〕【雌宝香】

キク科の多年草。高原などの湿地に生え、高さ約1メートル。茎は赤紫色を帯びる。葉は長い柄があり、心臓状三角形で、互生する。秋、茎の上部に黄色い花を総状につけ、ふつう舌状花は1~3個でオタカラコウより少ない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めたからこう【雌宝香】

キク科の大形多年草。深山の湿地に生える。葉は柄が長く、径30センチメートル 内外の三角心形。夏から秋にかけ、高さ約1メートルの花茎の頂に長い総状花序を立て、黄色の頭花を多数つける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

雌宝香 (メタカラコウ)

学名:Ligularia stenocephala
植物。キク科の多年草,高山植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

雌宝香の関連キーワード内外花茎深山頭花

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android