コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雑賀孫市 さいかまごいち

2件 の用語解説(雑賀孫市の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

雑賀孫市【さいかまごいち】

戦国末期,本願寺門徒勢力の強い紀伊国紀ノ川下流域を本拠とした土豪で,雑賀一揆の指導者の一人。鈴木孫市重秀平井孫市ともいう。生没年不詳。石山合戦では本願寺方の大将として織田信長に抵抗。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さいかまごいち【雑賀孫市】

戦国末期紀伊国紀ノ川下流域に勢力をもった土豪。生没年不詳。海部郡雑賀荘の土豪鈴木佐太夫の子。名草郡貴志荘平井村が本拠。鈴木孫市重秀,平井孫市ともいう。本願寺門徒の勢力の強い地域の中にあって,孫市も道場をもち指導的立場にあった。石山本願寺一揆では本願寺方の大将として門徒を統轄し,織田信長に抗戦した。石山本願寺一揆中から雑賀では土豪間の対立があったが,1585年(天正13)豊臣秀吉の紀州征伐のとき,秀吉方に加わり,対立する土豪を滅ぼした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

雑賀孫市の関連キーワード井上流紀伊半島紀ノ川高知平野粉河攘夷論和歌山平野紀の川市紀伊国屋ドンコサック

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雑賀孫市の関連情報