コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雑賀孫市 さいかまごいち

世界大百科事典 第2版の解説

さいかまごいち【雑賀孫市】

戦国末期紀伊国紀ノ川下流域に勢力をもった土豪。生没年不詳。海部郡雑賀荘の土豪鈴木佐太夫の子。名草郡貴志荘平井村が本拠。鈴木孫市重秀,平井孫市ともいう。本願寺門徒の勢力の強い地域の中にあって,孫市も道場をもち指導的立場にあった。石山本願寺一揆では本願寺方の大将として門徒を統轄し,織田信長に抗戦した。石山本願寺一揆中から雑賀では土豪間の対立があったが,1585年(天正13)豊臣秀吉の紀州征伐のとき,秀吉方に加わり,対立する土豪を滅ぼした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

雑賀孫市の関連キーワード小田原征伐尻啖え孫市まごにゃんまごりん雜賀孫市雑賀一揆水戸藩

雑賀孫市の関連情報