コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雑賀孫市 さいかまごいち

百科事典マイペディアの解説

雑賀孫市【さいかまごいち】

戦国末期,本願寺門徒勢力の強い紀伊国紀ノ川下流域を本拠とした土豪で,雑賀一揆の指導者の一人。鈴木孫市重秀平井孫市ともいう。生没年不詳。石山合戦では本願寺方の大将として織田信長に抵抗。本願寺と信長の間で和議が成立すると雑賀一揆内部で分裂が起き,在地を追われた孫市は豊臣秀吉に仕え,小田原征伐にも参加したという。その後水戸藩の家老職についている。なお現和歌山市平井にある蓮乗寺は孫市道場ともよばれる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいかまごいち【雑賀孫市】

戦国末期紀伊国紀ノ川下流域に勢力をもった土豪。生没年不詳。海部郡雑賀荘の土豪鈴木佐太夫の子。名草郡貴志荘平井村が本拠。鈴木孫市重秀,平井孫市ともいう。本願寺門徒の勢力の強い地域の中にあって,孫市も道場をもち指導的立場にあった。石山本願寺一揆では本願寺方の大将として門徒を統轄し,織田信長に抗戦した。石山本願寺一揆中から雑賀では土豪間の対立があったが,1585年(天正13)豊臣秀吉の紀州征伐のとき,秀吉方に加わり,対立する土豪を滅ぼした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

雑賀孫市の関連キーワード尻啖え孫市まごにゃん雜賀孫市まごりん

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雑賀孫市の関連情報