コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雑賀一揆 さいがいっき

6件 の用語解説(雑賀一揆の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雑賀一揆
さいがいっき

天正5 (1577) 年,紀伊国雑賀地方に起きた一向一揆。雑賀の一向宗門徒農民,土豪,国人衆が石山本願寺や阿波国三好氏と結んで織田信長に反抗し,信長の全国統一に大きく立ちはだかったが,石山本願寺が敗れて屈服し (→石山合戦 ) ,のち同 13年豊臣秀吉によって平定された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さいか‐いっき〔さひか‐〕【雑賀一揆】

安土桃山時代、雑賀地方で一向宗門徒らの起こした一揆。天正5年(1577)以来、織田信長豊臣秀吉に抗戦し、天正13年(1585)屈服。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

雑賀一揆【さいかいっき】

織田信長に敵対して紀伊国雑賀(〈さいが〉ともいう)(現和歌山市)を中心として蜂起した一向一揆。その中心となったのは,雑賀(鈴木)孫一(まごいち)などであった。15世紀中頃,雑賀地方に本願寺の教勢が伸長し,雑賀の鷺森御坊(さぎのもりごぼう)を中心に強固な門徒組織が形成されていた。
→関連項目石山合戦長島一揆山城国一揆

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さいかいっき【雑賀一揆】

石山合戦期に紀伊国雑賀(〈さいが〉ともいう。現,和歌山市)を中心に蜂起した一向一揆紀ノ川下流のデルタ地帯である雑賀地方には15世紀中葉から真宗本願寺派の教線が伸張し,鷺ノ森御坊を中心とする強大な門徒団が形成されていた。また雑賀五組の雑賀荘,十ヶ郷,宮郷(社家郷),中郷,南郷(三上郷)の小領主層は信仰の差異をこえた地縁による〈紀州雑賀之一揆〉を結成していた。この一揆の初出は1530年代で,有力国人湯河氏・熊野衆,根来・粉河・高野山の三ヵ寺勢力と結んで守護畠山氏を推戴して活動した〈惣国一揆〉の一翼であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さいかいっき【雑賀一揆】

戦国期の紀伊国雑賀地方で蜂起した一揆。本願寺門徒が多く、鉄砲組を主とした強力な軍事力をもち、石山本願寺の戦いでは織田信長と対抗。1585年、豊臣秀吉によって解体された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雑賀一揆
さいかいっき

戦国期の地域的な結合体。雑賀荘(しょう)・十ヶ郷(じっかごう)・中郷(なかごう)・宮郷(みやごう)・南郷(なんごう)の5郷(郷は組・緘(からみ)・クサリともいわれた)から構成され、その範囲は和歌山市・海南市の大部分を占める。構成員には神官・浄土宗徒もおり、従来いわれてきたような本願寺(ほんがんじ)の門徒組織とは考えられない。1542年(天文11)に河内(かわち)に進発する守護畠山稙長(はたけやまたねなが)の軍勢中にあるのが初見で、以後も畠山氏の軍勢として活動している。1562年(永禄5)に、代々室町幕府奉公衆で御坊(ごぼう)市に本拠を置く湯河(ゆかわ)氏と取り交わした起請文(きしょうもん)などから、1534年(天文3)以降同氏と一揆を結び、「惣国(そうこく)」と称し、守護畠山氏を推戴(すいたい)していたことがわかる。当地には本願寺門徒も多く、守護代遊佐(ゆさ)氏に畠山昭高(あきたか)が殺された1573年(天正1)以後、織田信長方(中郷・宮郷・南郷)と反信長方の本願寺に結ぶ勢力(雑賀荘・十ヶ郷)とに分裂し、77年(天正5)信長軍による攻撃を受け、いったんは降伏するが、80年の石山退城まで本願寺を支える主力部隊として活動した。とくに鈴木(雑賀)孫一(まごいち)と鉄砲衆は著名で、宣教師ルイス・フロイスは「軍事に於(おい)ては海陸共に少しも根来(ねごろ)に劣らぬ事で、其(そ)の戦場に於(お)ける武勇によって日本に大名(たいめい)を得た」と記している。同年以後は長宗我部元親(ちょうそがべもとちか)と結び、1584年(天正12)の小牧(こまき)・長久手(ながくて)の戦いの際には、羽柴秀吉(はしばひでよし)の背後を攻撃したため、翌年紀州攻めにあい、太田(おおた)城(和歌山市)に立てこもるが水責めにされ、降伏し、一揆は解体された。[石田晴男]
『谷下一夢著『増補 真宗史の諸研究』(1977・同朋舎出版) ▽峰岸純夫編『日本史の舞台6 戦雲流れる西ひがし』(1982・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の雑賀一揆の言及

【石山本願寺一揆】より

…7月毛利水軍は信長水軍を破って石山に糧食を搬入した。信長は77年4月に本願寺の後方基地紀伊国雑賀(さいか)を攻めて降伏させ(雑賀一揆),ついで鋼鉄装の大戦艦6隻をもって毛利水軍を撃破して瀬戸内海東部の制海権を奪取した。陸上では羽柴秀吉が中国路に進出して毛利方諸将を下した。…

【雑賀】より

…雑賀衆の多くは一向宗に帰依し,いち早く鉄砲で武装した強力な軍事集団として石山本願寺一揆には本願寺の後方基地の役割をはたした。この時期の雑賀一揆は,雑賀五組とも呼ばれており,雑賀を中心に,周辺の十ヶ郷,社家郷(宮郷),中郷,南郷(三上郷)が連合した広域的な集団であった。織田信長ついで豊臣秀吉の進攻によって雑賀一揆は壊滅し,征服後の秀吉はただちに雑賀の岡山の地に和歌山城を築いた。…

※「雑賀一揆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

雑賀一揆の関連キーワード石山合戦雑賀城紀伊国屋雑賀紀伊国屋 文左衛門雑賀孫市和歌山県和歌山市雑賀崎島根県松江市雑賀町鈴木孫一石山本願寺一揆

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone