コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雛白痢 ひなはくりpullorum disease

1件 の用語解説(雛白痢の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひなはくり【雛白痢 pullorum disease】

雛白痢菌Salmonella pullorumに感染したニワトリの初生雛の病気。白色の下痢便を排泄し,死亡率の高い家畜法定伝染病である。雛では強烈な症状を呈するが,成鶏になると個体によっては産卵休止でとまるか,集団性の下痢を起こし短期間の排菌でとまる程度となる。雛と成鶏の病気を総合して雛白痢菌症とよぶ場合もある。病菌感染母鶏の産出卵の約30%が保菌しているが,保菌しても受精率や孵化(ふか)率は低下しない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

雛白痢の関連キーワードサルモネラ菌インフレーションインフレプロモーション・ミックス剥離面キャストスイッチ懸垂

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone