初生雛(読み)しょせいびな(英語表記)new born chick; baby chick

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

初生雛
しょせいびな
new born chick; baby chick

孵化したばかりの鶏ののこと。養鶏の作業のなかで初生雛の育成は最も重要な部分であるが,雛のほとんどは人工孵化によるもので,しかも雛は養鶏家の自家生産から購入に変っている。初生雛の輸送は,孵化後初めての餌付けまでに 36~48時間の空白があるのを利用して行われる。育雛の適期は発育上は春秋の彼岸前後であるが,飼育羽数の激増につれて育雛装置の改良,育雛飼料の改善が進み,年間を通じて高い育雛率を保てるようになった。雛は用途別に肉用,卵用,卵肉兼用などに大別される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょせい‐びな【初生×雛】

卵から出てきたばかりの鶏のひな体内には栄養源となる卵黄が残存し、餌(えさ)を与えなくてもよく、輸送ができる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しょせいびな【初生雛 day‐old chick】

孵化(ふか)したばかりの雛をいう。孵化後2~3日間は腹腔内に卵黄(黄囊)が残存しており,これが栄養源となるため給餌・給水の必要がない。したがってこの間に輸送を行えば雛に飢餓を感じさせずに多数羽を安価に輸送できる。また初生雛の総排出腔を指で開張すると,雄雛には退化交尾器官である突起が認められるので,これにより雌雄鑑別が行われる。【正田 陽一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょせいひな【初生雛】

孵化ふか後、餌付えづけしたばかりの鶏の雛。この期間に雌雄の鑑別をする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android