コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離る カル

デジタル大辞泉の解説

か・る【離る】

[動ラ下二]《「枯れる」と同語源》
空間的に遠くなる。はなれる。
「朝に日(け)に見まく欲りするその玉をいかにせばかも手ゆ―・れずあらむ」〈・四〇三〉
時間的に遠くなる。間遠になる。
「玉に貫(ぬ)く楝(あふち)を家に植ゑたらば山ほととぎす―・れず来むかも」〈・三九一〇〉
心がはなれて、疎遠になる。
「相思はで―・れぬる人をとどめかね」〈伊勢・二四〉

さか・る【離る】

[動ラ四]離れる。隔たる。遠ざかる。
「いや遠に里は―・りぬ」〈・一三一〉

はな・る【離る】

[動ラ四]離れる」に同じ。
「大君の命恐(かしこ)み愛(うつく)しけ真子が手―・り島伝ひ行く」〈・四四一四〉
[動ラ下二]はな(離)れる」の文語形

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かる【離る】

( 動下二 )
空間的にはなれる。遠ざかる。退き去る。 「妹が手本を-・るるこのころ/万葉集 2668
時間的にへだたる。間遠になる。絶える。 「山ほととぎす-・れず来むかも/万葉集 3910
関係が切れる。疎遠になる。心がはなれる。 「冬草の-・れにし人はおとづれもせず/古今 」 〔和歌では多く「枯る」に掛けて用いる〕

さかる【離る】

( 動四 )
ある地点からはなれる。 「遠の国いまだも着かず大和やまとをも遠く-・りて/万葉集 3688」 → あまざかるとおざかる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

離るの関連キーワード悲しき時は身一つ逢うは別れの始め長道・長路吉丸 一昌吉丸一昌離れなで西島麦南其処此処万葉集為初む世間者壬二集薄ら氷世・代門・戸爽やか麗らか相思大君蕪村

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android