コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離る カル

5件 の用語解説(離るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

か・る【離る】

[動ラ下二]《「枯れる」と同語源》
空間的に遠くなる。はなれる。
「朝に日(け)に見まく欲りするその玉をいかにせばかも手ゆ―・れずあらむ」〈・四〇三〉
時間的に遠くなる。間遠になる。
「玉に貫(ぬ)く楝(あふち)を家に植ゑたらば山ほととぎす―・れず来むかも」〈・三九一〇〉
心がはなれて、疎遠になる。
「相思はで―・れぬる人をとどめかね」〈伊勢・二四〉

さか・る【離る】

[動ラ四]離れる。隔たる。遠ざかる。
「いや遠に里は―・りぬ」〈・一三一〉

はな・る【離る】

[動ラ四]離れる」に同じ。
「大君の命恐(かしこ)み愛(うつく)しけ真子が手―・り島伝ひ行く」〈・四四一四〉
[動ラ下二]はな(離)れる」の文語形。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かる【離る】

( 動下二 )
空間的にはなれる。遠ざかる。退き去る。 「妹が手本を-・るるこのころ/万葉集 2668
時間的にへだたる。間遠になる。絶える。 「山ほととぎす-・れず来むかも/万葉集 3910
関係が切れる。疎遠になる。心がはなれる。 「冬草の-・れにし人はおとづれもせず/古今 」 〔和歌では多く「枯る」に掛けて用いる〕

さかる【離る】

( 動四 )
ある地点からはなれる。 「遠の国いまだも着かず大和やまとをも遠く-・りて/万葉集 3688」 → あまざかるとおざかる

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

離るの関連キーワード末枯れる涸れる嗄れる霜枯れる狎れる別れる惚ほる立枯れる冬枯れる痩せ枯れる

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

離るの関連情報