コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離る(読み)カル

デジタル大辞泉の解説

か・る【離る】

[動ラ下二]《「枯れる」と同語源》
空間的に遠くなる。はなれる。
「朝に日(け)に見まく欲りするその玉をいかにせばかも手ゆ―・れずあらむ」〈・四〇三〉
時間的に遠くなる。間遠になる。
「玉に貫(ぬ)く楝(あふち)を家に植ゑたらば山ほととぎす―・れず来むかも」〈・三九一〇〉
心がはなれて、疎遠になる。
「相思はで―・れぬる人をとどめかね」〈伊勢・二四〉

さか・る【離る】

[動ラ四]離れる。隔たる。遠ざかる。
「いや遠に里は―・りぬ」〈・一三一〉

はな・る【離る】

[動ラ四]離れる」に同じ。
「大君の命恐(かしこ)み愛(うつく)しけ真子が手―・り島伝ひ行く」〈・四四一四〉
[動ラ下二]はな(離)れる」の文語形

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かる【離る】

( 動下二 )
空間的にはなれる。遠ざかる。退き去る。 「妹が手本を-・るるこのころ/万葉集 2668
時間的にへだたる。間遠になる。絶える。 「山ほととぎす-・れず来むかも/万葉集 3910
関係が切れる。疎遠になる。心がはなれる。 「冬草の-・れにし人はおとづれもせず/古今 」 〔和歌では多く「枯る」に掛けて用いる〕

さかる【離る】

( 動四 )
ある地点からはなれる。 「遠の国いまだも着かず大和やまとをも遠く-・りて/万葉集 3688」 → あまざかるとおざかる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

離るの関連情報