コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離れる ハナレル

デジタル大辞泉の解説

はな・れる【離れる】

[動ラ下一][文]はな・る[ラ下二]
くっついているものの一方が動いて別々になる。「足が地を―・れる」「雀が電線から―・れる」
あるものとの間に隔たりができる。その位置から遠ざかる。「一メートル―・れて立つ」「少し―・れて絵を鑑賞する」「持ち場を―・れる」「故郷を―・れる」

㋐二つのものが隔たって存在する。間にかなりの距離がある。「家と学校とはだいぶ―・れている」「人里―・れた一軒家」
㋑二つの数値・地位などに隔たりがある。「年の―・れた弟」「トップと大きく―・れる」
㋒夫婦・親子など、一つであるものが別々になる。別れる。「家族が―・れて暮らす」

㋐関係がなくなる。縁が切れる。「俗世を―・れる」「損得を―・れて面倒をみる」「話が本筋から―・れる」「―・れられない仲」
㋑信頼や情愛を失う。「人心が―・れる」「恋人から気持ちが―・れる」
㋒ある事柄に対する思いがなくなる。「仕事のことが頭から―・れない」
職務や仕事をやめる。「戦列を―・れる」「会長職を―・れる」
戸などが開いた状態になる。あく。
「格子を探り給へば、―・れたる所もありけり」〈狭衣・二〉
除かれる。除外する。
「琴の音を―・れては、何事をか物をととのへ知るしるべとはせむ」〈・若菜下〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はなれる【離れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 はな・る
接していたものの間隔がひらいた状態になる。 「船が岸から-・れる」 「車輪が地面を-・れた」
ある場所との間にある程度の距離がある。へだたる。 「町の中心部を-・れた静かな所」 「彼の家は駅から二キロほど-・れている」
心理的な緊密さがなくなる。
親近感や信頼感が次第になくなる。 「気持ちが-・れる」 「人心が政権から-・れる」
ある思いが頭からなくなる。普通、打ち消しの形で使う。 「このことがいつも頭を-・れないのです」
二者の数値が大きく違う。ひらく。 「あの夫婦は年が一〇歳も-・れている」
人と人との間隔が大きくなる。 「いつも母親のそばを-・れられない子」 「君と-・れて暮らすのはつらい」
今までいた場所から遠ざかる。 「しばらく東京を-・れる」 「席を-・れる」 「親もとを-・れて暮らす」
官職・地位を退く。退職・退任する。また、持ち場から立ち去る。離脱する。 「職を-・れる」 「理事のポストを-・れる」 「戦列を-・れる」 「多日しばらく月給に-・れるやうな事があつても/婦系図 鏡花
かかわりあいが薄くなる。 「話が本筋から-・れる」 「利害の念を-・れて居るのだ/平凡 四迷
戸などが開いた状態になる。 「格子を探り給へば-・れたる所もありけり/狭衣 2
除外される。 「右の大殿・致仕の大殿の族ぞうを-・れて、きらきらしう清げなる人はなき世なり/源氏 竹河」 〔「放つ」に対する自動詞〕
[慣用] 手が- ・手を- / つかず離れず

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

離れるの関連キーワード合わせ物は離れ物形影相伴う肩を抜く会者定離身を退くリリース席を外す無想無念後にする笈を負う無相離念国籍離脱骨離れ隔たりバレる付切り出人別離垢離船離岸

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

離れるの関連情報